熱く燃ゆる

夜、メンバーと林道へと向かった。この日行くのは、初めての場所。
コースは短いけどと先生は事前に言っていた。

コースにたどり着き、早速走ってみる。
あっという間にコースは終わった。
先生の言うとおり、短かった。
でも・・
とても走りやすかった。
地面が荒れていない。コースも広すぎず、狭すぎず。
だから走るコースになっている。
この道は素直なんだ。
だから、自分の欠点がよく分かる。
素直な道なのにうまく走れない。
それは自分の腕が未熟だから。
コースのせいにはならない。

シートベルトに動きを妨げられる。
だから、窮屈な走りになってしまう。
それは、体の使い方が間違っているわけだ。
上体をつっこませている。
でも、始動は腰なのだ。
腰から動かしてないから、シートベルトが邪魔だと感じてしまうのだ。
もっと腰を使え。

カーブをうまく曲がれない。
カーブを迎えると、ブレーキとギアチェンジをするから、あわててどたばたしてしまうのだ。
そこには運転のリズムなど、欠片もない。
カーブでもリズムをおろそかにしちゃいけない。
もっとリズムを感じて走れ。
そのためには、ブレーキとギアチェンジを連動させないといけないのだ。
ポンピングブレーキは2度に限定。2度目のすぐ直後にギアチェンジ、2速から1速へ。
まずは、統一した動き、すなわち、決まったリズムを作り出してみる。

下りは流しだったから、そこで何度もブレーキからギアチェンジを練習してみた。
だんだんとリズムができてくる。

露わになってきた欠点を何度も修正。

どたばただったカーブでの動きがじょじょにましになってくる。
腰を使い、そしてリズムを生み出そうとしている。

カーブの前での減速がきれいになっていく。
「止まる」ができるようになっていくことで、ようやく
アクセルを踏むことに躊躇が消えてくる。

「止まる」が上手になっていくごとにその分、アクセルを踏めるようになっていく。
直線とカーブ、共に。

アクセルを踏むととても気持ちよかった。
ずごごごごごごご!

突き抜けていく感覚が僕を襲った。それはアドレナリンが沸騰するような感覚。

これ以上踏みすぎたらコントロールができなくなる。
そのギリギリまでを集中して見極める。
判断を間違えたら、車はおしゃかに、下手したら死ぬ可能性だってある。

それでも、もっと速くと意識する。

速く前へ進みたい。

単純なことなのだけど、いや、だからこそとても気持ちが良いんだ。
これは人間の足では生み出せないスピードなんだ。
人間の機能をはるかに超えた世界。
だから危険なのだけれども、だからこそ、憧れる。
人間の能力を超えたマシンをコントロールする。
だから、車はおもしろいって僕はこの日感じた。

練習を終えた帰り道、街での運転が楽に感じた。
集中力が身に着いている。
アクセルを踏めるようになっている。
インを突けるようになっている。

それと、運転の姿勢に安定が出てきた。どうしたらもっと腰を動かせるか、工夫していたらそうなっていた。腰がよく動く上に足元も定まっているから、反応が素早くなっている。

おおっ、なんかすごいじゃないの。

自分の変化を少しずつ客観的に感じられるようになってきている。

でも、何が一番すごかったって、
熱くなれたことだ。
もどかしく溜まっている何かがごごごごごと少し煮えたぎることができたことだ。

そう、今日は
マグマ!
[PR]
# by postmanda | 2009-05-10 06:21

止まるか溜めか

深いコーナーを曲がる前にポンピングブレーキを取り入れるようになった。
何度かに分けてブレーキを踏むのだ。

ブレーキを踏むと、減速するからコーナーを曲がるのが楽になるのだけれども、
僕は曲がりやすくなったとそれほど感じてられていない。

ブレーキを踏むということは、止まるということ。

ブレーキを踏むと、リズムが止まってしまうのだ。

だから、リズムを作ってコーナーを曲がろうとしてもブレーキを踏んだ瞬間にリズムが止まってしまうのだから、その後の動きが取りづらくなってしまう。

だから、ポンピングブレーキをしても曲がりやすくはなるものの、どたばたした曲がりになってしまう。

しかし、僕は最近ブレーキを次のように思えてきた。
「止まる」ではなくて、「溜め」なんじゃないかと。
だから、リズムも止まるんじゃなくて、溜めてるんだ。
そう感じられるようになってきたら、ポンピングブレーキも少しはやりやすくなるかな。
それと、下手なうちは、早めにポンピングブレーキを。
遅いからカーブがどたばたしてしまう。
そう心がけてまたポンピングブレーキに挑戦しよう。
[PR]
# by postmanda | 2009-04-29 00:10

大から小へ

峠に走りに行った。
最近のテーマは、コーナーでインを突くことだ。
インを攻めようとすると、自然と上体が大きく動く。
体が動くことはいいことだと思う。
反応しているということなんだから。
ただし、大きく動くことには、一つ問題がある。
シートベルトが動きを妨げるのだ。
それはかなり致命的な欠点。
先週、シートベルトによって何度も動きを止められて切実にそう感じた。
なんとかしないといけない。
でも、僕はこの日の走りで同時に答えを導き出していた。
上体を動かすのではなくて、腰を動かせばいいのだ。
コーナーの形に沿って、腰を動かす。
左から右へ。
右から左へ。
うねりのような腰の動きを。
不思議なもので、腰を動かすだけで、カーブを綺麗に曲がることができる。
腰を中心に動かせば、シートベルトに動きが妨げられることもない。
実に快適な走りができる。

僕はイチローの打法を思い出した。
イチローといえば、振り子打法。
しかし、イチローの振り子は年々小さくなっていき、最近では振り子の動きをしていない。
僕はこの現象をこう解釈している。
大きく振り子の動きをする必要がなくなり、目に見えないレベルで振り子をしているのだと。
洗練されればされるほど、小さな動きでできるようになっていく。
だから、大きく動かすことは悪いことじゃない。
はじめは大きく。そして、慣れていけば徐々に動きは小さくなっていくものだ。
何より大切なのは、腰である。
派手に動いていないとしても身に見えないレベルで腰が高度な動きをしている。
それが達人なんじゃないかと思った1日だった。
[PR]
# by postmanda | 2009-04-28 23:54

続・太宰研究

人と人とは分かり合えるのか。
普遍的ともいえるテーマを描いた夏目漱石の作品をいくつか読んだ。

でも僕には肌に合わなかったようだ。
途中で読むのをやめてしまった。
テーマには惹かれる。
でも、文体、世界観、リズムなど、どれも自分には合わない。
どうも、夏目漱石の作品は上品すぎるのだ。

僕は再び太宰作品を読み始めた。
すると、とても不思議である。
小説のネタが出始めてきた。
いろんな面でやるぞっていう気持になってくる。
太宰作品は僕のエネルギー源なのかもしれない。
僕は太宰作品を通じてパワーをもらうことができる。

太宰作品を読むと、鬱になるという声をよく耳にする。
でも、僕は太宰作品によって自分自身という人間の再確認を僕はできる。
自分を知る、把握するが出来れば、物事の判断がしやすくなる。
修正がききやすくなる。感覚が磨かれていく。生きているという実感が湧いてくる。

僕はもっともっと太宰作品を読んでいく。
[PR]
# by postmanda | 2009-04-21 01:13

インを攻める

この日は、先生と2人きりのドライブ。
車のレッスンだ。

コーナーの時にインを攻めていく。
これが今回の練習で課せられたテーマだった。

このとき、時間は夜の8時。空からは雨が落ちていた。

夜の雨は視界がやばい。

とても危険だと思った。

先生との待ち合わせ場所に行く時でさえ、周りがあまり見えずアクセルを抑え気味に踏んでいたのだから。

くれぐれも無理だけはしないように。

僕は心がけた。

とはいうものの、インを攻めなくては練習にならない。

どうしたら、車をぶつけずに走れるのか。

不安が心を蝕むも、体は正直である。
カーブの時には曲がる方向に体を預ける。
体とカーブの距離が近づけば、それだけ視界に入りやすい。
道と車の間隔がわかりやすくなる。
単純な原理である。
はたからみると、体を預ける僕の姿は、みっともなく映っていたかもしれない。
しかし、僕は車を守ることで精一杯。
格好のことまでいってられない。
さらに、この態勢が走りやすいのだから、僕は迷わずにコーナーに向って体を預けるのをやめなかった。

それを続けていくことで感じたことがある。

コーナーの時には、2つのポイントがある。
1つは、体勢を崩さないこと。
もう1つは、視界の確保。
ともに共通しているのは、それを守っていれば、怖さを感じないことだ。

逆を言えば、それが出来ないから、カーブ時に恐怖を感じてしまうのだ。

とても単純な原理。だけど、コーナーが深ければ深いほど、体勢と視界を維持するのが難しくなる。

インを攻めていこうと意識し続けたことで、コーナーへの考えをよりシンプルに整理出来た。

これはとても大きなことだ。

そして、レッスンが終わったとき、僕は先生の一言で大事なことに気づいた。

「インを攻めると運転が楽になるだろう」

そうなのだ。

インを攻めることは、とても危険なイメージがあったのだけど、実際は運転が楽に感じられたのだ。

なぜなら、外から内側に走ることで、円から線の動きになる。
まっすぐにカーブを走れるようになったからだ。
コーナーを耐えるといよりも、コーナーを攻めていく走りが出来ていた。
しかも、安心だと思えるから、いつもよりも踏むことが出来た。

そして、何よりも気持ちが良い。
これが一番大事なのかもしれない。
気持良いから、もっとを追求するようになるのだから。

新たな発見がいくつもあった夜。
僕はレッスンを終えた後も、峠へと戻って行った。
コーナーを攻める感覚を体に染み込ませるために。
[PR]
# by postmanda | 2009-04-21 01:06

僕はイチローになった

今週末も峠を走った。

意識したのは、前回に続いて右足の使い方。
カーブの時に内またにしてアクセルを踏んでみる。

カーブ時に感じる怖さが弱まるのを感じる。
効果は抜群だ。

次第に怖さが弱まる理由がわかってくる。

内またにすることで、足がの裏が斜めになり、踏ん張りやすいのだ。
カーブ時になっても、下半身で踏ん張れるから体がおよがない。
さらに、上半身のエネルギーを右足に送り込みやすい。
上半身と下半身につながりが出てくるのだ。

ノリノリになってきた僕は気がつくと、右足を右に左に動かしていた。
コーナーの時だけじゃなく、ずっと。
右足でもリズムをとるようになっていたのだ。

このリズムには見覚えがある。

右、左、右、左・・・。

これは振り子の動き。

そうだ、イチローの振り子打法だ。

足を振り子のように動かしてタイミングをはかり、さらにリズムを生み出す。

いうならば振り子走法。

考えてみれば、歌手とかは足を使ってリズムをとっているじゃないか。

そして、運転にもリズムは大切。

よおし、これまでは腰を使ってリズムをとっていたけれど、これからは、腰と足を使って運転のリズムを生み出していくぞ。
[PR]
# by postmanda | 2009-04-13 23:48

滑らせる

ずがががっと車を滑らせる練習をした。

止まった状態からだから、アクセルを踏んでもはなせばすぐに止まる。

だから、危険性はそんなないのだと思う。

だけど、思った以上に大回りする。

外にぶつからないように。

それだけは絶対に気をつけないと。

はじめのうちは、いつも同じ位置から始める。

一度ぶつからないポジションを見つければ、その次以降も壁にぶつかる可能性はぐんと狭まる。
面倒くさがらずに慎重に。
そして、最後までアクセルを弱めずにずががががっとドリフトだ!
[PR]
# by postmanda | 2009-04-11 03:20

足で踏ん張る

久しぶりにあの峠を走った。
カーブが深い上に目的地までの道のりが長い。
目算をも違えて何度かカーブの途中でブレーキを踏んでしまった。

運転が下手だなぁとつくずく思った。

ちょっとでもカーブが深いと体が固まってしまう。

恐怖を感じてしまい、体が動かなくなる。

あんなに積極的に腰を使って運転してるっていうのに・・・・、

何が悪いんだろう・・・。

たしかに腰は動いている。

でも、怖い。

なんでだ、腰を動かしているっていうのに・・。

足だ。

僕は気づいた。

足が外に開いてしまっていて、体勢がとても不安定になっている。

せっかく腰が道の流れに沿って動いているというのに、下半身で止まってしまっているのだ。

それじゃどんなに腰を動かして頑張ってみても無意味。

僕は足を少し内股気味にしてみせた。

すると、踏ん張りがきくようになり、腰の動きがアクセルへとつなげられるようになっていった。

野球選手は、内またでバッティングする。
格闘技はやったことないけど、ファイティングポーズは、ちょっと内股気味のほうがいいはずだ。
その方が親指で踏ん張れていいパンチが打てる。

だから、運転もアクセルを踏むときは内股気味になるのを意識する。

「運転は内股で」なんて聞いたことがない。

だけど、僕の体はちょっと内股にした方がいいと思った。
[PR]
# by postmanda | 2009-04-11 03:12

足湯から

今日より明日。
前へと進んでいきたい。それば少しの幅であっても。

なんとなく生きる。

それだけは嫌だ。

強い意志を持って目標に向かって日々を過ごす。
最近だるさを感じるようになって夜、足湯するのを怠ってしまった。

足湯は神経を磨くだけでなく活力の源だ。

活動の一歩は足湯から始まる。

家に帰ったらすぐに足湯をしよう。

そうすることでアフター5の時間も効果的に使えるんじゃなかろか。
[PR]
# by postmanda | 2009-04-05 18:58

柔らかむ

最近日頃だるさを感じる。夜になるとすぐに眠くなるし。

無気力なわけじゃない。
やるぞって気持ちは前と変わらないはず。

だるさを感じられる体になってきたんじゃないかと思う。

車に乗るようになっただけでなく、スクーターで通勤するようになったことが大きいかもしれない。

風の圧力を全身に浴びて肉が柔らかむ。

だけど体はまだまだ固い。

もっともっと柔らかくしないと。
[PR]
# by postmanda | 2009-04-05 18:48