<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

点検

走る前に車の点検を忘れない。

ウォータータンク、エンジンオイル、ウォッシャータンク、マッドフラップ。

一度やってしまえば、習慣づいてくる。

車の状態を知ろう。

そして、自分の状態を知ろう。
[PR]
by postmanda | 2009-03-27 21:25

止まれることが

火曜日に山に行った。
アクセルを踏んで、コーナー前でブレーキを踏んで十分に減速するという練習をした。
ブレーキは何回かにわたって踏むポンピングブレーキ。
アクセルを思いきり踏んだために、とても怖い思いをした。
ダートの数倍疲れるのだ。
ダートとの違いは、加速。
あっというまに加速していき、一瞬の判断ミスで車が廃車になるだろう領域になる。
一瞬たりとも気を抜けないので、1往復しただけでへとへとになった。

その後も何回かチャレンジしていくことで、慣れてくる。

この練習のきもは、ブレーキを踏むことなのだと気づいた。

それからは、アクセルを踏むのを抑えて、コーナー手前でちゃんと減速して、コーナーでアクセルを踏めるように心がけた。

いかにアクセルを踏めかじゃなくて、ブレーキをコントロールできたか。


僕は普段アクセルをあまり踏まないで走っている。
特に一気に加速させない。
スピードが出るほど、瞬時の判断力が問われる。

でも、僕は判断力に自信がない。
判断が遅れれば、ブレーキで制止が間に合わず追突するかもしれない。
それが怖くて、いつもアクセルは抑えめなのだ。
アクセルを踏めないのである。

だけどだ、
今日の練習で実感したことがある。
止まれる人間は、アクセルを踏める。
逆をいえば、止まれない人間がアクセルを踏めない。

ブレーキング力。一気に踏むんじゃない。何回かにわたって踏み、停止を調整していく。

心がけるは、”ブレーキは計画的に”。

翌日、路上を走っている時、スピードが出ているなぁと感じたら、すぐに一度ブレーキを踏んではなした。
一度のポンピング。
それだけで、その後の車のコントロールが楽になった。

ブレーキを踏めない、踏まない。
僕はこれまでそんなスタイルで車に乗っていた。

踏んでしまうと、自分のミスを認めてしまうんじゃないか。

そんな思いがブレーキを踏むのを躊躇させてしまうのかもしれない。

間違えは認めてしまえ。

ブレーキを踏むことは恥ずかしいことじゃない。

恥ずかしいのだとしたら、ブレーキを踏むのが下手だから。
ブレーキをコントロールしてしまえばいいのだ。


僕はギアチェンジの時、アクセルのパワーが足りないと思ったら、アクセルをポンピングして調整する。
アクセルをポンピングするようになって、ギアチェンジがだいぶ楽になった。

ブレーキもポンピングでコントロール出来るようになったとしたら・・・・

運転で一番楽しいのは、アクセルを踏むことだ。

快感だ。

車をもっと楽しみたいから、アクセルを踏めるようになりたい。

そのためにもマスターするは、ブレーキ。

ブレーキを覚えて、がんがんにアクセルを踏んでしまえ。
[PR]
by postmanda | 2009-03-27 20:46

だるい体

今週は、ダートの疲れが残っていてとてもだるい。
今日も朝からだるかった。

でも、仕事をしているときに、あることで計算違いなことに気づいてしまった。

シナリオの崩壊。

立て直しが迫られる。

でも、代替案は思い浮かばない。

体が硬くなってしまった。

そうなると、だるさも吹き飛んでいく。

硬くなったことで感じたことがある。

だるいと感じられることはいいことだ。

だるさを喜ぼう。
[PR]
by postmanda | 2009-03-18 23:50

速さよりも

滑ったなぁ。
ちょっとだけど、ダートで車が滑ってる。

前は滑ることがとても怖かったけど、今回は、怖さはそんなにはないかも。

ダートだと、カーブの時に曲がりきらずに外側にクラッシュすることが一番怖い。
前日のクラッシュもそうだった。

だけど、カーブでできるだけ早くにハンドルを切ってしまえば、カーブを曲がるのがだいぶ楽になる。
だから、その分カーブで踏めるのだ。
踏めてしまえばあとは、ハンドルを左右にしゅっしゅっ。
それで、車は滑ってくれる。

この日、車を滑らせる練習をして感じたことがあった。
それは、アクセルの踏む、踏まないの差が激しいことだ。
踏みたい衝動に駆られてがっと踏むけど、やっぱ怖いからすぐにはなす。
そういった繰り返し。一見派手だけど、平均するとそれほど速くない。
何よりもどたばたしているから、身につかない。

それよりも心がけるはアクセルを一定で踏むことだ。
その基本を忘れてしまっていた。
コースに対応してさらに滑らせるためにもまずはゆっくりと。

ゆっくり走って滑らせることができたら徐々に(ほんとに少しずつ)アクセルの踏む量をあげていけばいい。

だから今はゆっくりと。

これはスピードを出そうという欲望との闘いだ。

そして、職場でも同じことがいえる。

今は早く終わらせようという意識が強すぎる。
それよりも、自分がしたことから学ぶことが大切だ。
大切なのは、速さじゃない。
どれだけ学べるか。
自分との闘いである。
[PR]
by postmanda | 2009-03-18 23:45

ちょっとクラッシュ

インプレッサのフロントバンパーをぶつけてしまった。

クラッチを交換してから初めてのダート。強化クラッチからノーマルに戻したことで、コントロール出来てなかった車をコントロール出来るようになってきていた。あれほどアクセルを踏むのを怖がっていたのに、今じゃ踏みたい衝動に駆られっぱなしだ。
踏んで車が滑ってもある程度カバーできる自信があった。
だから、できるだけ踏んでいった。

そして、フロントバンパーをぶつけた。
スピードがつきすぎて落とさないと危険だと感じてめいっぱいブレーキを踏んだ。それで止まりきらずにぶつかったのだ。
これまでなら止まってくれてた。
でも、今日はいつもよりもスピードを出していたために止まりきれなかった。
フロントバンパーの交換だけですみそうだから、大惨事にはなっていない。
それでも、数日が経つと後悔の気持が強くなる。

ふう・・やっちまったなぁぁ・・・・。

でも、いずれぶつけていたのだと思う。

ぶつけずして、次の課題は見えてこなかったはずだからだ。

問題なのは、ブレーキの使い方。
長い時間かけて踏んだから、今回のようなクラッシュが起きた。
数回に分けて踏むポンピングブレーキなら避けられていたかもしれない。
直線でポンピングして減速してから、アクセルを踏んで曲げる。

この技術をマスターしないと、またインプレッサをぶつけてしまう。

今回の事故は、クラッチを交換したことで起きた事故。
アグレッシブに動かせるようになってきたから起きた事故。
そして、次のステージが見えてきた事故。

徐々に一体感を覚え始めてきているこの愛車となら乗り越えて見せるさ。

その前にバンパーを直さないとね。
[PR]
by postmanda | 2009-03-18 23:27

早めに

カーブを迎えたときにいつもより早めに荷重移動してみたら、怖さがだいぶ減った。

自分ではちょっと早く荷重移動しすぎじゃないかというタイミング。

しかし怖さを感じ始めてからでは遅い。
だから早いくらいがちょうどいいのかもしれなぃ。
[PR]
by postmanda | 2009-03-12 00:30

短縮

初日90分。二日目70分。そして今日は 55分。順調にタイムをちぢめている。
初日に絶望しただけにうれしい。あきらめなくて良かった。
[PR]
by postmanda | 2009-03-12 00:15

分ける

仕事の量が今日は少かったので効率の良い仕事の仕方を探してみた。

そしてミスが減る手順を構築出来た。
これで仕事の進め方は整理できたはず。
さらにリズムも悪くない。
実際今日はミスがでなかたっ。
明日はこのやり方でスピードアップをはかろう。
それと覚えるべきことがかなりの数あるのだけど、ジャンル別に整理し始めた。これでその日担当する仕事のことだけ注意すればいいのだから、ポイント把握がしやすくなった。
しかもパソコンに打ち込んでいるからとても見やすい。

少しずつ迷いを消せている。

素早く正確な判断をするために整理していく。
[PR]
by postmanda | 2009-03-04 22:40

インプが踊る

インプレッサを運転しているとき腰でリズムをとっていた。

フットワークを刻むように腰を右に左に小刻みに動かしているのだ。

リズムはダンス。

運転しているとき、インプレッサは踊っている。そのとき、僕の心はとても満たされている。
[PR]
by postmanda | 2009-03-03 22:34

文章を書くことは

久々に文章を書いた。
ちょっと気持ちがすっきりだ。

文章を書くことも僕にとっては心を満たす行為だ。
それを忘れずに。
[PR]
by postmanda | 2009-03-03 22:27