<   2008年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

そんな味になった

カレーライスを作った。

一時期はカレーにいろいろなものを入れて味がイマイチになってしまった。

だから、最近は極力シンプルに作ることを心がけていた。

でも、そうしたシンプルな味付けに飽きてきたから、今日は味付けを変えることにした。

一時期入れていた調味料、具材をまた入れることにしたのだ。

バランスを考えて入れてみたら、とても美味しい出来上がりになった。

びっくりだった。

一時期は材料を入れれば入れるほど味が悪くなっていて、今回もその時とほぼ同じ調味料、具材を入れたのに。

それは調味料、具材の量の調整が上手くはかれたのかもしれない。

上手な判断が出来たというやつか。

病みつきになる味になって、今日はたらふくカレーをいただいた。

明日もカレーが楽しみだ。

そんな味になった。
[PR]
by postmanda | 2008-09-20 03:40

久々にドラムを叩いたら

昨日だけども、ドラムを叩いたらとても楽に叩けるようになっていた。

最近、ドラムの練習をあまりしてないっていうのに体が動く動く。

動きの細かい調整がきくから同じリズムを何度やっても面白い。

このことについて、車の運転の効果だと先生は言った。

車ってすげぇぇぇ。

でも、ドラムの基礎的な練習をしてきたから、体が動くようになってドラムも伸びたのだと思う。基礎的なことが出来るようになってきた。基礎的な練習をこれまでしてきてなかったら体が動けるようになってもドラムは伸びない。

次の大幅パワーアップのために、
またドラムの基礎的な練習を積む時期がそろそろきているかもしれない。
[PR]
by postmanda | 2008-09-20 03:35

まだまだ動けません

体が動くようになったといっても、それでも思いどおりに動けないことばかり。

浅い呼吸をどうにかしないといけないのかなぁと思う今日この頃だ。

でも、段階としては呼吸はまだ先にしよう。

自律訓練法で意識的に体を脱力できるようになってからだ。

今日、風呂上りに自律訓練法をやったら、体が脱力してとても気持ち良い状態になった。

24時間あんな状態だったら最高だなぁって思った。
[PR]
by postmanda | 2008-09-20 03:30

体を自在に

自律訓練法を2年半ぶりにやり始めることにした。

体を思い通り動かしたいなぁと思ったからだ。

腰を使って動けるようになってきて、足の指も使い始めた。

そうなると、もっとという欲が出てくる。

体の芯を感じ始めたから、手足を自在にという思いが強くなったのかもしれない。

実際やってみると、体が楽になるのが自分でも感じられる。

よしっ続けるぞ。
[PR]
by postmanda | 2008-09-19 00:03

スピード慣れ

スクーターに乗って病院へ行った。

僕はスピードを出して走った。

スピードを出しても怖さをあまり感じなくなっていた。

カーブの手前でアクセルをはなし、またアクセルを入れることを意識してやっていたからだ。

どこでスピードを出してどこでスピードを緩めのか。そのタイミングわかれば、スピードを出しても怖くない。
ただ理論は分かったとしても、アクセルをはなすタイミング、入れるタイミングが大雑把だ。タイミングに確信を持てるようにしたい。
[PR]
by postmanda | 2008-09-17 02:50

必死に

必死さが足りていなかったのだと思う。

最悪のケースを考えずに助手席に乗っていた。

平和ボケしていた。

事故を起こさない最大限の努力をしなきゃ。

それは運転席であろうと助手席であろうと同じだ。
[PR]
by postmanda | 2008-09-17 02:39

坂道

1か以上月ぶりに教習所での練習。
アルトワークスに乗り坂道発進から始まる。
でも、何度か後ろに下がっていく。
教習所の車と同じ感覚で坂道発進しても失敗が続いた。

アクセルで2000まで出したあと、半クラッチにつなぐ意識がなかったからだ。

数値は目安にはなるけど、車によって変わってくる。
半クラッチにつながった感触をを感じることが大切。


それに気づいたのは、教習所での練習が終わってから。

だから、今は路上で坂道発進をするのが怖い。

後ろに車にぶつかってしまったらどうしようと。

半クラッチでつないでからレバーを下ろす。

その意識を持って次回の教習所の練習に臨むぞ。
[PR]
by postmanda | 2008-09-17 02:37

親指

塗料を買いにドライバーズスタンドまでスクーターで行った。

最近、スクーターを腰で動かすようにしている。

腰の微妙な動きで左右の腕を動かしたり、体重をかけたりするのだ。

これこそ、腰の据わった運転だなぁと思いながら運転する。

もっとも、びくびく震えながら下手な運転をしているのだけども。


それで腰で運転している途中で気づいた。

足の指を曲げると、足元がどっしりすると。

足の指を曲げたり、伸ばしたりしながら運転をすると、運転が安定し始めた気がした。

運転のポイントは、腰と足の指。

その2つを意識することで、スクーターの運転がより楽しくなった。

アルトワークスの塗装に戻った後も、腰と足の指を意識して作業する。

軸が出来たことで体がいつもよりは動いてくれた。

もっと親指を使おうと思った。
[PR]
by postmanda | 2008-09-14 01:21

アルトワーク塗装

事前の準備とシミュレーションが全然足りてないなぁと思った。

明日やることを整理だ。
[PR]
by postmanda | 2008-09-14 01:12

車0911

また車をこすった。

駄目だ、車をコントロールできない。

バックの動きは、頭がこんがらがる。

冷静に振り返れば、ぶつかる動きをしていた。

焦ってやらずにもっと慎重にやらないと。


この日、近所を何周かした。狭い道をぐるぐる周るので、あまりスピードを出せない。
対向車がきたら、さらにスピード緩めて時に止まったり、先に行ったり。的確な判断が求められてとても窮屈だ。


特に苦手なのが、曲がるとき。

狭い道なので、一旦止まって左右を見てから発進。
このとき、なかなか発進が出来ない。
早く出ないとと急いでエンストしそうになったり、車にあたったらどうしようかと思うとドキドキだ。

一度止まると、気持ちも足の動きも止まってしまう。

そうじゃなくて、止まるのは一連の動作の中間にすぎない。
止まっている間も足は発進のための準備を進めないと。

これが出来ていればもう少し落ち着いて曲がれるのだと思う。

それと、発進時やギアチェンジの時のアクセルの踏み込みがまだ弱い。

クラッチをはなそうとしても、アクセルへの反応が弱いから、エンストしそうになってしまう。

親指を動かせてないことも自覚だ。
[PR]
by postmanda | 2008-09-13 01:15