<   2008年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

車の運転の練習08.09.29

あした、町田まで車で向かう。
車はインプレッサ。
運転するのは僕だ。

だから、今日は車の運転を練習した。

だけど、最後までしっくりこずに練習が終わった。

椅子の位置を変えて生じた違和感が最後まで気になってしまった。

その違和感に一番影響を与えたのが右足だ。

右足の位置がしっくりこず、微妙な動きの調整ができなかった。

だから、なかなか右足が動いてくれない。
意図したとおりに全然動いてくれない。

右足が思うように動いてくれないだけで、たちまち運転がダメになってしまう。

今の僕の運転では、右足が特に重要なのだと実感した。

運転が右足次第なのだ。


最近は運転に体が慣れてきて、自然と動いてくれるようになってきていた。

でも、今日はその反応が鈍くなっていた。迷いというやつだ。

練習の最後の方はましになってきたけど、それでも運転中に修正しきれなかった。

体が自然と反応をしない。

それはとても気持ち悪いこと。

このまま問題を残したまま、終われない。

そう思って、運転が終わった後も車の中でアクセルを踏み加減とクラッチ操作のバランスを調整し続けた。

どうすれば、右足が丁寧に動くのか。

アクセルはとてもデリケート。

だから、右足も丁寧に動かさないといけない。


それと、カーブを曲がるとき、ブレーキといっしょにクラッチを踏む癖がついてしまっているかもしれない。
カーブでは、曲がる前で十分に減速して2速にギアチェンジ。そこから曲がる途中でアクセルを踏むことを意識してやってみよう。
[PR]
by postmanda | 2008-09-30 00:34

希望

人間を突き動かすのは、

希望だと思っている。


一昨日から今日までの3日間でインターネット古本屋のホームページとちらしを作った。

インターネット古本屋を進めようと決めたのだ。

インターネット古本屋は、希望なのか。

希望だと感じたから、ホームページとちらしを作った。

収入を得られる可能性を感じたから、進めている。


人間を突き動かすのは、

希望だと思っている。

でも、希望が希望だと感じられなくなったとき、それでも前に進められるのか・・・

雇われて給料をもらうよりも、自分でお金を稼ぐ方がはるかに難しい。

楽ではない道だということは承知だ。

壁にぶつかたっとき、それでも前に進められるのか・・・・


今日、仲間から古本屋の協力を得られた。

うれしかった。

ホームページとチラシも見てもらっていろいろと指摘してもらった。
おかげで、客観性を加えることができた。

ありがたかった。


人間を突き動かすのは、
希望だと思っている。

壁にぶつかったとしても、希望が見えなくなったとしても、

そのときはまた希望の火を灯せばいい。
[PR]
by postmanda | 2008-09-29 03:05

運転08.09.26

朝、なかなか起きれなかった。

昨日もそうだった。

気力がわいてこない。

そんな中、車の運転練習をすることになった。

こんな状態でまともに運転できるのか・・・。

でも、車に乗ると、そんな不安は忘れてしまっていた。

事故を起こさないことで頭がいっぱいになって、気力が出ないとか思っている場合じゃなかった。

集中しないとやばい。

自分の心の状況など、関係ないのだ。甘えていられないのだ。

インプレッサでの運転は、前回よりも落ち着いて運転出来た。

前回はハンドル操作が上手くできなかったけど、今回はハンドルに振り回されることはなかった。自分の意図どおりにハンドル操作は出来た。
発進もよくなってきた。

それでも、危なっかしい運転だった。

バスの追い抜きが危なっかしい。
踏み切りを通り抜けるのがスムーズに出来ていない。もたもたしている。
スピードを出せない状況の時、クラッチを踏みながらアクセルも踏んでしまう。
坂道発進が不安定。

不安要素がいっぱいだ。
これらの問題を放置していたらいつか事故を起こす。

問題を1つ1つ解消していかないと。


運転が終わった後は疲れたけど、気が引き締まった。

やる気がそこそこ出てきた。

おかげでその後、ずっと出来ていなかったことを進めることができた。

運転は怖い。
今日の運転で思った。
楽しさよりも怖さの方が勝っている。

それでも、得るものが大きいと分かっているから、また乗りたいという思いが湧いてくる。
[PR]
by postmanda | 2008-09-27 03:04

ダウン気味

疲れている。

たくさん寝たけど、夜になるともう眠たくなってきた。

気持ちはダウンしているけど、体の方はどうなんだろう。

足湯してきた今は硬さは悪くないかな。
[PR]
by postmanda | 2008-09-25 22:31

体の使い方

首ごと斜め前に体を傾けて、足を戻らせる。

戻るをきちんと意識すると、体が自然と斜め前に傾こうとする。


これをするだけで、とてもバスドラを叩きやすくなった。

体の使い方ってホント奥深いと実感。
[PR]
by postmanda | 2008-09-25 21:16

バック

車をバックさせるときがよくわからない。
いつも前に動かしていて、それとまったく逆になると車の動きが全然想像出来なくなってしまう。

それでなんとなくで運転すると、雑になってどこかにあててしまう。

いろいろと調べてみたけど、バックの動きの理屈がすこんと脳に入っていくかというとそうはならない。

あべこべの世界に対応ができない。

これまで調べてきた中では、

「ハンドルは寄せたい方向に寄せる」

が一番しっくりくる説明だった。

だけど、それでもまだ完全にしっくりはこない。

どうしたもんかと首をかしげていた中、ある方法に目がいった。

「ラジコンで雰囲気をつかんでみてはどうか」

たしかにこれほどイメージしやすいものもないし、それにラジコンを動かすのはとても楽しそうだ。

でも、高いんだよな・・・

そんなときはヤフオクで?

http://www.tamiya.com/japan/products/58390impreza07/index.htm
[PR]
by postmanda | 2008-09-23 02:22

呼吸法

体が徐々に動くようになってきていて、そうなると、もっとという欲が出てくる。

だから、自律訓練法を再開したのだけど、それだけじゃ物足りなくなった。

早く自分の体をコントロールできるようにしたいのだ。

それにはやっぱり呼吸法だ。

今日、呼吸法についての本を買った。

呼吸で、体中をゆるくする方法が書かれた本だ。

こうした健康を扱った本がどこまで効果あるのかはわからないけど、今はいろいろと取り入れてみたい時期。

こう思うのも体を動かすことが楽しく感じてきたからかな。
[PR]
by postmanda | 2008-09-23 01:56

勉強中

インプレッサを運転したときの感触がいまだに忘れられない。

あの快感が忘れられない。

それと同時にインプレッサを運転したときの怖さも離れない。

重く、でかく、敏感なインプレッサ。運転しても振り回されっぱなしだ。

ちょっとでも気を抜くことが出来ない。

運転の気持ちよさと怖さをいつも天秤にはかっている。

気持ちよさも怖さも徐々に上がっている。でも、最近は気持ちよさの方が怖さを上回ってきている気がする。


今日、車の本を何冊か買った。

ギアのタイミングは少しずつ分かってきているけど、それ以外のこと、狭い道での車のすれ違いの対処の仕方や、駐車方法、カーブでの運転の仕方とかわからないことばかりだ。

失敗して学ぶには、失敗の代償が痛すぎる。

まだインプレッサを乗るには僕の運転技術は未熟だ。

足りない部分は勉強して補う。
今は運転技術を伸ばしたい気持ちでいっぱいだ。
多分、この気持ちに偽りはないと思う。
[PR]
by postmanda | 2008-09-23 01:45

腰と足

バスドラを叩こうにも思うように足が動かない。

歯がゆいなぁと思いながら試行錯誤。

重心を少し右にかけると足が動きやすいことに気付く。

ほんのちょっとがポイント。かけすぎると足が続かなくなる。

足は動かそうとしても動かない。腰で動くんだと実感。
[PR]
by postmanda | 2008-09-22 22:33

あの感触

アルトワークスが壊れてから、5日。

僕はとても運転に飢えていた。

運転したい気持ちに満ちあふれていた。

動くようになってきた足の指でアクセルとクラッチ操作に挑戦してみたい。

短期間で身に付けた技術は間隔があくとすぐに錆びれてしまいそう・・

そうしたさまさまな思いが湧き、そしてなにより路上を運転したときの快感が忘れられないでいた。

だから徒使君にお願いしてインプレッサを運転させてもらった。

気持ち良さと恐怖を感じながらの運転。僕は生きていると実感した。
リアルがここにあった。

ハンドル操作に苦戦してすぐに横に取られてしまい、なかなかスピードを出せない。視覚を広げる余裕もない。まして夜で見えづらい。

そんな中、アルミを縁石にぶつけた。
がつんと音が鳴った。

アルミは少しへこみ、修理に出さなければならないダメージを負った。

次の日、車の後部座席から車をぶつけた縁石のある場所を見た。そういう形をした場所だったのか・・。縁石がそう置かれていたことをその時初めて知った。僕は周りを見えていなかった。周りを見る余裕がなかった。右側の壁にぶつかるのを恐れて早くにハンドルを切りすぎた。
スピードをもう少し下げる慎重さが欲しかった。
余裕がない。
だから丁寧さを忘れてしまい、なんとなくいけるだろうという無責任で雜な運転をしてしまった。
インプレッサの運転は難しい。
でもインプレッサを乗りこなせるようになりたい気持ちが芽生えてきた。。

乗ったときの感触がいまだに忘れられない。
[PR]
by postmanda | 2008-09-22 02:24