<   2008年 02月 ( 125 )   > この月の画像一覧

間違いを修正

新座の家でドラムを叩いていると、叩き方が違うよと指摘された。

この一週間が!

無駄だったわけじゃないけど、

はぁっと脱力。

同じ失敗を繰り返さないようにドラムの叩き方のポイントをまとめる。

☆右手での正しい叩き方

①脇を横にひらく→わきをしめる→そのときに手首を後ろに引いてから前へおろす。スナップをきかせてしなるように。

②シンバルにスティックを置いたところから始動。

③以上の動作をタイトにスピーディーに。
[PR]
by postmanda | 2008-02-23 23:11

システム作りに試行錯誤

三日連続コントの脚本に触れなかった。
時間だけの問題じゃない。気持ちの面も含めて、脚本が進まないさまざまな原因がある。

これはさすがにまずいと思った。

今週ふと思いついたことを今朝実行することにした。
もう一つのブログを作る。コントの脚本用だ。

これで家の外でもコントの脚本作りに取り組める。
ブログの中にネタが書かれてあると少し気持ちも高まってくる。やるなら楽しくしなきゃ。
[PR]
by postmanda | 2008-02-23 12:28

朝ドラム

朝起きて景気づけにドラムを叩いた。
リズムが少しずつ早くなってしまう。手首のスナップをきかすことでためを意識しないとだめそう。

歌いながら叩いた方がいいって先生から言われたことを思い出した。

歌いながらだと、右手の動きの乱れが増すけど、リズムはわかってくるので、修正も早い。より集中してもやれる。
[PR]
by postmanda | 2008-02-23 10:32

やぐらと棒銀

やぐらで守られると、棒銀戦法が通用しない。
かといって、やぐらを作られる前に、棒銀戦法で即効でたたみかけていくのも嫌だし。

なかなかうまくいかないな。
[PR]
by postmanda | 2008-02-23 03:16

自主ボイトレ2/22

ピッチャーがボールを投げたあと、もう一度投げるにはキャッチャーからボールをもらわなければならない。
キャッチャーからボールを受けて、1つのセットが終わる。投球はそれの繰り返しだ。

歌も同じことなんじゃないかと思った。
腹にボールがあって、それを投げる。口から声が出ていく。
そして、ボールをまたに腹に置き、セットする。
一番の問題は、ボールを受けたキャッチャーがボールをピッチャーまで投げた時だ。
このときも実はボールを投げなければいけないとき、すなわち、ボールを受けなければならないのに、声をだなければならないときだ。
ずっとボールを投げっぱなしなら楽なのだけれども、いつかはボールを返してもらう必要がある。
そのタイミングを向上させる。
[PR]
by postmanda | 2008-02-23 02:31

自主ドラムトレ2/22

脇をしめることだけを意識しているととてもやりやすい。
それに右手の動きを加えようとするとリズムがぎこちなくなる。

右手がスナップの利いた円周運動になっているとやりやすい。
[PR]
by postmanda | 2008-02-23 02:01

2年間かけて出した1つの答え

記事を書いているうちに、自分が今、していることの意味に気付けた。
そうか、そういうことだったんだ。

希望していた編集部に配属されることになって、目に前にある仕事をこなしていく。それだけの日々だった。
自分が何をしているのか、それすらわかっていなかった。
行き当たりばったりでただその日を消化していく。
編集部にいたはじめのうち、僕は原稿を書いているのだから、自分をライターだと思っていた。
でも、与えられた原稿資料をもとにして、文章を書いているだけだ。ライターといえるような文章を書いているとは到底言えないことに気づく。
それからは、今しているのは編集の仕事、自分は編集者だと思い、過ごすようになった。
自分の仕事を「編集」という漠然とした枠に収め、それで考えることをやめてしまったのだ。
でも、作家さんの原稿を見ているわけでもないし、文章はたくさん書くし、世間的に抱かれている編集の仕事のイメージからは外れている。編集の仕事に対する違和感だけはぬぐえなかった。

でも今日僕は一つの答えを出せた。
僕は与えられた原稿資料の「校正」をしているのだ。
ページのレイアウトは考えているから、編集の仕事ではあるのだけど、メインは校正。
原稿資料をうちの雑誌用に修正をくわえ、文章がおかしい箇所は直す。

それだけのことなのだ。
だとしたら、今の仕事はたいして難しいものじゃない。むしろ楽じゃないか。

難しいのは、不定期で与えられる特集記事だけだ。
これは自分で取材をしてレイアウトと原稿を作らなければならないから、編集業であり、ライター業も兼ねているといえる。
自分が鍛えられるのは、やっぱり特集記事の仕事だと思う
でも、普段の仕事も「校正」だと思えば学ぶことも出てくる。自分がいましていることは何かわかったのだから。

僕の今までしていた仕事は校正。
これが2年間かかって出した1つの答えだ。
校正の意識を持てたことで、文章の上手な書き方は自分で学んでいける。
じそしてこれからは、もっと大事なこと、気持ちが伝わる文章も学んでいかなければならない。
[PR]
by postmanda | 2008-02-23 01:04

棒銀が成功しても

どうしたもんかな。
将棋が思いどおりになかなかいかない。

攻めに棒銀戦法を自然に組み込むのが難しい。コンピューター初級相手に露骨にやっても棒銀戦法が成功してしまうのだ。無理矢理難しい手を打とうというのは余計に難しく感じる。

さらに悩ましいのは、それでも、コンピューター初級には勝てないのだ。

敗因は防御がザルになっているからだと思う。

だったらまず、防御を固めてから棒銀戦法で攻める。上手く打とうと意識しない。
この手を今日は試してみよう
[PR]
by postmanda | 2008-02-22 15:53

しなかった

はぁっと溜め息が出る。

一昨日、昨日とコントの脚本に取り掛かれなかった。

今日は絶対に取り掛かる。時間を生み出す現実的な算段は、昨日より1時間早く帰ることだ。

退社設定時刻22時。
[PR]
by postmanda | 2008-02-22 09:55

自主ドラムトレ2/21

サマータイムのリズムにまず左足だけ動かして合わせてみた。
その次に右手も動かしていく。

なんとなく違和感が・・・・。、

その違和感は、首でリズムをとることを意識して、なくすように務めた。
[PR]
by postmanda | 2008-02-22 03:19