<   2007年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧

交渉人再び

特集の仕事が一昨日、ちょっとだけ落ち着いた。
日曜日に取材がある。その日のために、さまざまな人とやり取りをして、多くの時間を費やした。
ヘアメイク、スタイリスト、取材相手先のマネージャー、企画サイド、カメラマン。

その人達との交渉がようやくまとまったのだ。

一息つけて
これまでのことを振り返ってようやく思い返す。

編集の仕事は、調整。

記事の作成に費やす時間はそれほどでもないのだ。

その意識、すっかり抜けてた。

だからか、電話の対応も気持ちよく終われてない時もある。

交渉術磨かないとね。
今日も出勤日。今年度発行最後の号の締め括りとなる一日。
終わったら、『交渉人』のビデオを借りて今度こそ見てみよう。
[PR]
by postmanda | 2007-12-08 10:58

老いとともに生きる

朝、鏡を見て初めて老いを感じた。
口周りの皺が気になったのだ。

ショックだな。


皺が気になり、はじめて頬の筋肉の硬さも気になりはじめた。

うむ。・・・


風呂に入ったとき、頬の筋肉をもみほぐしてみようかな。
皺ができるのならせめて良い皺にしないとね。
[PR]
by postmanda | 2007-12-08 10:48

頓挫

同時にいくつものことを進める。
その意識を心がけて1週間に臨んだはずのに、mixiにすっかりはまってしまい、その計画は頓挫した。

mixi・・・。
ついついやってしまう。

今、酒の力を借りてようやく日記を書けている。
オレは生きている実感を味わいたい。

その感覚はどちらにある?

オレはmixiをやってえいるときよりも、文章を書いているときのほうが、断然生きていると実感できる。

やりすぎてしまうmixiをどうすべきか。

mixiより先に日記を書けばいいんじゃないか。
あとは実行できるかだ。
[PR]
by postmanda | 2007-12-08 04:36

喉の目覚め

喉を使って声を出したいという欲が出始めている。
会社で電話を出るのが少しうれしいときがある。
大声を出せるから。
「○○さん、お電話で~す」
大きな声を出せる。
声の大きさの制御をあまり気にしなくて良い。
いわば、ボールを遠投するようなもの。

だから、遠投したいとき、オレは自ら電話に出る。

なんでまた、喉を使いたくなったのか。
振り向けば、そこにはブランデーがある。
喉を焼かす漢の飲みもの。
こいつにちがいない。

オレの中で喉が鼓動を刻み始めたのか。

そして忘れてはいけないのが、オレは3週間前まで、喉を使って歌うことをさけていたのだ。

理由は簡単だ。
すぐに喉がかれてしまうからは、喉を使いたくなかったのだ。
オレが鼻で歌っちゃうのもその感覚が大きいんじゃないか。

音程は喉を使ってとるもんだ。

3週間前に初めて知った知識。

それで迷いは1つ消えた。

大切な大切な芯になる。

そして、喉に命が吹き込まれた。

声を出すことが気持ちいい。
その感覚をどんどん高めていって、表現の幅を広げたい。
[PR]
by postmanda | 2007-12-08 04:27

継続は力なりだと信じたい

ぐはぁぁっ!!!

今日も終電で帰った~!!

つうか、オレ騙されてるぞ。

なんで、プロジェクトが終わったばかりなのに特集やってるんじゃぁぁ!!!

ってそんな泣き言はいいのだ。

大切なのは、目標を達成をできるかどうか。

帰りが遅くなったことは、達成のハードルがちょっとあがっただけじゃ。

さて、その目標とは、同時にいくつものことを進めることだ。

先週の土曜日は、久々のオフ日。

止まっていたことをなにかと進めようと思っていたのに愕然とした。

ほとんどのことを進められなかったのだ。

流石にこりゃああかんと思った。

もう忙しいだなんて言い訳不能。

だから、オレは今週から毎日複数のことを同時に進めていくことに決めたのだ。
ほんのちょっとだっていい。大切なのは前に進むことなのだ。

今日のオレがやるべきこと成果表

・将棋→DSで将棋を一局指して負ける。完敗。てか強ええCPU・・・・
・ミクシィ→コミュニティにたくさん入った。うはっ♪
・女子ボクシング→新作ストーリーの構想。相手キャラのアイデア1つ出した。
・日記→今書いてる。このどーしもない内容を。  
・ブランデーを体に染みこませる→美味しくないが、ロックで飲んだ。
こうして書くと、それほどでもないか。

そして残ったのはボイトレ。最後の一仕事。さあやるべか!!!
[PR]
by postmanda | 2007-12-04 03:44

理解すること

迷っている自分を感じるようになった。

前は自分が迷っていることにさえ気付かずやりたいこともはっきりしないまま動
いていた。

今はその迷いがある感覚がとても気持ち悪い。

いってしまうと
迷いはやばい。生きていく気力さえ奪いかねない。
この週末、オレは久々に長い時間寝た。それは迷いのせいで起きる気力を奪われた
からだ。

オレはとても迷っている。だから先生に相談した。
「先生、あの人への取材、オレはどうしたらいいんでしょう?」

すると先生は
「質問をする前に自分のことを掴ませたらいい」
と答えた。そさらに、

「相手はインタビュー慣れしているんだ。相手に自分のタイプ、趣旨を理解しても
らった上で話せばいい」
と続けた。



オレのことを分かってよ。これまでそんな意識ばかり強く持って生きてきたから
、逆に自分を出さずに相手のことを理解しようと心がけていた。特に取材のとき
は。

でも「理解あしよう、理解する」ことが大事なのだと先生は言うのだ。

それは、今回の取材相手だけじゃなくて、すべての取材相手に留まらず、人と関
わるとき全てに言えること。

先生はこう言った。

俺が誰に対してもやることは理解すること、ただそれだけだ。

人間は常にその状況を理解しないといけない。
状況を見て初めて、次に移れる。

自分を理解して、相手を理解する。

朝起きたら自分の状況を理解する。会社へ行ったら会社の状況を理解する。
夜寝る前に自分の状況を理解する。

何事も理解すること。

理解しよう、理解されよう。

自分のすべてをさらけ出した上で闘うこと。闘いがあるから、お互いがわかりあえる。

理解。

迷ってばかりいるオレがいる。そんなときには、

何事も理解すること。
理解しよう、理解されよう。

これを常に心がけよう。
そうすれば、迷いは消えてなくなるはずだ。
[PR]
by postmanda | 2007-12-03 02:35

ぶらんでー

ふぉあろーぜす!

ついにブランデーを買ってしまった。

先週、味わった喉が焼けるような感覚。
熱が体中に伝わっていく。
自分を鎖につなぐ理性をひきちぎるかのようだった。


つまらなくする理性、魅力を奪う理性。
理性が飛んでいく感覚を体に覚えさせるためにもブランデーははずせない。
d0104906_350176.jpg

[PR]
by postmanda | 2007-12-01 03:49

なぜだ

とても後ろ向きだった。
何をやろうにも、躊躇が出てしまう。
調子がいいときに後回ししようって。
少しだけ、出てきた思いきりがなりを潜める。

良くないのだ。


レギュラーの仕事を終え午後9時になってようやく、特集記事のほうにとりかかった。
資料等を集める、情報を整理する。
そのときは、気がまぎれていたかな。
問題から、面倒なことから逃げてちゃあかんのね。
[PR]
by postmanda | 2007-12-01 03:30