<   2007年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧

勝つことよりも気持ちいいもの

将棋で先生と対局中、オレはにたりと笑っていた。

先生は次の一手をどう打つか、将棋盤を睨みながら考えている。
オレは先生の攻めに防戦一方だった。受けてばかりで攻めに出られない。対局の流れは先生にあったのだ。勝機は遠いところにあった。

でも、楽しくて楽しくてたまらなかった。
先生の大胆な手にオレは対処しているのだ。
陣地に入ろうと打ち込む先生。そうはさせまいと対応するオレ。
陣地への侵入をめぐっての攻防にオレの心は躍動していた。
それは今までにない感情だった。
その対局、攻防の末に侵入を許したオレは負けてしまった。
でも、勝ったという結果よりも楽しいことがあることを体感した。
それは相手との駆け引きだ。
[PR]
by postmanda | 2007-12-16 23:34

お笑い

お笑いをどう進めるかだ。去年もこの時期同じこと考えてた。
忘れてた、お笑いがオレの人生にとって大切な鍵を握っていることを。
[PR]
by postmanda | 2007-12-16 04:21

熱くなるには

熱くなれているときを思い出した。

女子ボクシングの創作をしているときだ。

破滅の道を突き進むがごとく作品を作ることにのめりこんでしまう。

麻薬のような快感に襲われるのだ。

これはもう確実に進まなければならない。

いつまでもほっぽっといていいもんじゃない。

新作を描かなければ。

オレは昨日、小説を読み始めた。

学生時代はよく読んでいた。
小説からアイデアを沢山得ていた。
就職してから小説を読まなくなっていた。
その時間さえもとることができなかったから。
おかげで創作のアイデアも止まり気味。
この行き詰った状況から抜け出さなきゃ。
そのためにはいろいろと試さないと。
腕組んで悩んでるだけじゃなにもでてこやしない。
だからまたオレは小説を読み始めた。
そして、次の日の朝、目覚めたオレはあるアイデアが頭の中に浮かんできた。

でも、創作のアイデアがあふれ出て震えるような感覚ではない。
まだまだ・・・・。
オレは熱さを持たなければならない。
[PR]
by postmanda | 2007-12-14 02:34

自主ボイトレ

いろんなことを同時に進めていく。
その鍵を握るのがボイトレだ。
一番苦手とするところだからだ。
ボイトレが回ればほかも回っていく。

昨日のボイトレの練習は、自分の性に合っている気がした。

呼吸法の練習をするところが練習をしているという感じがする。


今日オレは久しぶりに家でボイトレをやった。
頭にヘッドホンをつけて「beyond the time」を歌う。
PCから曲を流すから音が小さい。家だとどうしても声も抑え気味になってしまう。
なんだかやりづらかった。
息を吐き出すことを意識するあまり声の線があまりにも細くなっているようにも感じた。
かといって、力強さをくわえると息の交じり合った声が出なくなってしまう。
どこにも手ごたえがなかった。

その中で口の開き方を意識してやってみる。

少しずつ声のとおり具合がよくなっている気がした。

もう少しでこつが見えてくるかもしれない・・・

そう思って、何度も歌う。

ちょっとのつもりだったのに、長く歌ってしまった。

こうかな、あれかな、そうかな・・・・

ボイトレ中に手探りで息の出し方、口のあけ方をいろいろと試していた。
だから、長く歌ったんだと思う。
探らなきゃ意味が無い。
探る自主ボイトレだ。
[PR]
by postmanda | 2007-12-13 02:06

眠っているもの

二日ぶりの編集部。
合併号あけだから、人も少なく閑散としていた。

自分も今週は、スケジュール的に余裕があった。
時間に追われることなく淡々と仕事を勧めていく。


暇だといろいろと余計なことを考えてしまう。

悔しさに欠けている。

二日前、先生から言われたことが今になって無視できずにいられなくなった。

悔しさだけじゃない。
感情自体が欠落している
表に出る以前に感じていない。

何より熱さがない。

編集部が毎日このゆるやかな空気だったらどうなんだろう。

時間に追われている方がいいな・・追い詰められていた方がいい。

表現、創作の原動力は感情だ。
感情を呼び起こす努力をしないと駄目だし、そうした環境が必要だ。
[PR]
by postmanda | 2007-12-12 13:45

beyond the time

昨日は、息の使い分けで呼吸を吐きだして感情を表現するのが、
与えられた練習のテーマだった。
オレのレッスン曲はたまの「ロシアのパン」。

あまり息を吐かない曲だし、たまの世界はよ~わからんので、
練習のテーマを掴むのが難しかった。

そして、今日のボイトレは息を吸って吐く呼吸法のトレーニングを30分してから、
歌い始めた。

意識するのは、息を吐き出して歌うこと。。
やってみると、口の中で声が出る感覚が違うのを感じた。

「爽快」「きもちい~」

ボイトレのコーチをしてもらったジュンコさんも「耳障りが良い」と言っている。

おお~、いいじゃない。

それからも、いろいろと探りながらたまの「ロシアのパン」を歌っていたのだけれども、先生から「その曲は息を吐き出さない曲だから」と他の曲を選ぶことになった。

いろいろと迷った挙句、選んだのがTMネットワークの「beyond the time」。
オレの認識では、ニューガンダム逆襲のシャアの主題歌。
アニソンだ!

ミドルテンポでそれほどキーも高くない。
息を吐くということを丁寧にできる。
そして、アニソンだから感情移入もしやすい。

なんといっても、毎日家でやるとなるなら、好きな曲歌えたほうが身の入り具合も違うし。

家で進めることができていないボイトレ。
でも、今日の練習をきっかけに家で進めれるようにしたい。
[PR]
by postmanda | 2007-12-11 21:32

相手にされなかったこと

世界的に活躍する人に相手にされなかった。これが今回の取材の結果であり、現実。
彼の何を引き出したかったのか。うちの雑誌でしか見られないその人の情報。
面白い記事を書こうとする気持ちがない。
すなわち、編集者としての魂に欠けていた。
ロックな魂が無かったのだ。
ゆえにロックな魂をもった取材相手の心には響かず、感じてもらもしなかった。
世界的に活躍する人に相手にされなかった。
なぜ、その結果に悔しがらない?
オレは相手にされない人間だったわけだ。
それに満足しているのか?
目指すべきはどこだ?
世界的に活躍する人と同じ位置に立ちたくないのか?
今、自分の気持ちが試されている。
多くの人から愛される小説を書きたい。
その思いに偽りはないのか。口先だけなのか。
その思いが本当なら今回の結果に悔しがるはずだ。
ロックな心の欠如。養っていなかければ。
でも、うちの編集部は良い記事を求めていない。ページがうまること、誤りがないことを第一に求めている。
それじゃ、ロックな心は育たない。それどころか、ロックとは真逆な保守的な人間になってしまう。
闘う気持ちを育てろ。
そのために、環境から変えないと。
そろそろその現実に向き合わなければ。
今回の取材でわかったこと。
それは、
オレが世界的に活躍するあの人の相手にされない人間だったことだ。
[PR]
by postmanda | 2007-12-10 14:09

舵取

昨日の取材はあまり盛り上がらなかった。


相手は世界的に有名な人。
どうしようか悩んだけど、これだけは外さずにやろうと決めていたことが一つ。
こちらがどういった人間か伝えてから質問に入ること。

相手は取材なれしてる。こちらという人物を掴ませて、取材の舵取は相手に委ねてしまおうという作戦だ。

実は今回の取材、撮影込みで10分しかもらえなかった。
すごくタイトなスケジュール。
だからはじめに自分を伝えるべきか悩んだ。

でも、これが今回のテーマ。これだけは外しちゃいけない。

だからトライ。

取材はこちらが想定していた方向にはいかなかった。

自分なんかでいいのかなー。
という率直な思いを伝える取材相手。
世界的に活躍してるけど、とても謙虚な人だった。

でも、PR的な発言をしてもらうのがこちらの狙い。
その思惑からは外れていた。

事前に興味があることにはたくさん話すけど、それ以外のことは簡単に済ませる人だという話を聞いていた。

興味ある話題をふってから、こちらが聞きたい方向にもっていくべきだったか。
でも、それだとこちらが舵を取ってしまうことになりかねないし。

自分という人間を伝えてから質問に入る。
次もその次も試してみよう。
何度もやっていくことで舵の取らせ方もよくなっていくかもしれない。
[PR]
by postmanda | 2007-12-10 11:17

逆転の発想

いくつも同時に進めることができていない。
中でも自分で進められていないのがボイトレだ。
苦手だから家でもっともやろうとしない。

ブログの更新は、携帯から更新する方法を知ってから、ライフスタイルに組み込
めるようになった。

将棋はDSと将棋ソフトを買い、今じゃ電車のお供だ。

ブランデーは、美味しいとは思わないけど、酒が強いアルコールを欲している。
女子ボクシング創作は進んでないけど、進めるプランを建てていて近々実行に移
そうと思っている

ゆっくりながらも進んでいるものは、こつこつとやれる習慣が出来てきている。
その中でボイトレだけは週間づけられる工夫が浮かばないのだ。

だったら、ボイトレにもっとも力を入れれば良い。
ボイトレが進めば他も進む。

[PR]
by postmanda | 2007-12-09 03:54

欠けていたもの

出社すると、電話で連絡すべき件がそこそこにあった。

相手にかける前に
どうすればこちらの意図が相手に伝わるのか。
と悩む。
止まる。

そもそもオレは何を伝えたいのか。
なのだ。
ようやくそこで自分自身、したいことを整理できてないことに気付く。

何でそうなってしまう?

オレの好きな言葉がそこで思い浮かぶ。

そういうことなのか。
それは、電話も上手くかけられないほど、オレに欠けていたものなのか。

“覚悟”

オレには覚悟が致命的に欠けている。

覚悟を持てばもう迷わない。

迷いを消すことは覚悟を決めること。

と言い切ります、これから覚悟を持つために。



ここから先は余談。

明日撮影を担当するカメラマンに電話した。
よろしくお願いしますのご挨拶。

でも、電話かける前に思った。
ぬおっ、
これは挨拶が目的では収まり切らないぞ。
事前にどんなカメラマンが掴んでおくための情報収集にもなるじゃないか。

だとしたら電話をかけるのも少し面白くなる。
電話かけた途端に、緊張しちゃって、そんな心意気吹っ飛んじゃたけど。
[PR]
by postmanda | 2007-12-08 16:32