<   2007年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

気が付くと

プロジェクトの方をあまり進められなかった。
今日は、雑誌の校了日だったからそちらに大分時間を取られてしまったからなあ。
って、また言い訳が出てる。

ちょっと気を緩めるとこれだ。

気を付けなきゃ。
[PR]
by postmanda | 2007-10-11 00:51

酒も断つ?

今日も酒を飲んでブログだ。

酒を飲むと、すんなりとブログに取り掛かることができる。

余計なことを考えなくなる。

スムーズに動ける。

でも、最近ちょっとした疑問も沸いてきた。

酒を飲むとすべての能力が落ちてしまうんじゃないかって。

つまり、

感じる能力も鈍ってしまうんじゃないかって。

そりゃまずい。

なんというか、今も感情がない状態で書いている感じだ。

余計なことを考えずに文章を書いている。

だから、筆が進む。

でも、感情のない文章なら本末転倒だ。

文章を打つスタイルをまた考えなくちゃ。
[PR]
by postmanda | 2007-10-10 02:40

言い訳を断。

会社の中で、上手くいきつつあった歯車が狂い出した。

予想していなかった相手方からの返事。
NOを突き付けられたのだ。

すんなりOKが出ると思って進めていたたから、他の進行にも影響が出てくる。
デザイナーにデザインを止めてもらわなければ。
僕は電話して謝り、進行を止めてもらった。
先輩がデザイナーに頼みに行くのが早過ぎたから・・・
その考えが出た瞬間、僕は思考をさえぎった。

やめろ!
人のせいにするな!

それは・・


言い訳だろ?


言い訳はしない。
そう決めて臨んだ今週だ。

本当は、先輩がデザイナーに頼みに行く時期を僕は遅らせなくちゃいけなかった。
先方からの承諾を得てからデザインを頼まなければならなかった。

言い訳の思考回路を断つことで見えてくる常識的な判断。

断てばすべてが良くなっていく。見違えてくるはず。
次から言い訳が浮かび上がってきたら、喉に手をあてる。
それを、言い訳の思考回路を断つアンカリングにさせる。
[PR]
by postmanda | 2007-10-10 02:22

休日の編集部

休日だけど、編集部に出た。
人はほとんどいない。
部外との連絡も止まっている。
そんな中だから、仕事を大きく動かすことはできない。
仕事が動かないから、ドラマも起こらない。
それでも、溜まっていた仕事を処理していかなくちゃならない。

ただ仕事をした。
それだけで1日が過ぎ去っていった。
でも、それじゃ物足りない。
前は、出来るだけ人がいない場所で平穏に働きたいと願っていたというのに、今は違う。

何を求めている?

明日編集部に行けばわかる。

明日。
[PR]
by postmanda | 2007-10-09 03:40

言い訳とは

もう言い訳をしないと決めた。

この二週間、会社でのプロジェクトの方にかかりっきりになり、通常業務の方がいつにもまして雑だった。後回しで遅くなった仕事も多かった。
そのことを注意されるたびに忙しかったからと心の中で自分を正当化していた。
今週の後半あたりから仕事の忙しさが多少落ち着き始めた。そうなると、仕事を丁寧にやる時間も作れてくる。
でもオレは仕事の精度を上がってないことに気が付いた。

所詮、仕事が雑な人間は忙しくても時間があっても雑なのだ。

先生は、言い訳が起こす恐るべき連鎖をこう話してくれた。

ふだん、忙しさを理由に言い訳ばかりしている人間が、暇になったらどうするか?忙しいを言い訳に出来なくなるから、自分から忙しい状況を作り出す。つまり仕事をしなくなる。

虚しき自作自演。
しかし、そうしなければ言い訳して自分のミスを正当化できなくなる。

そう、言い訳は、自分を正当化することだ。
自分のやっていることが正当じゃないから正当化しなければならない。正当の反対は悪当だ。

悪。

嫌だよ。
そんな人間になりたくない。

だからもう言い訳をしない。
それが今日からのテーマだ。
[PR]
by postmanda | 2007-10-07 21:55

結果よりも内容

結果ばかり見て内容をいつも見ていない。

将棋を例に出して、先生はそう言ったのだ。

その言葉はオレの心にぐさりと突き刺さった。

この数週間、先生やりEとの将棋ではたいがい勝ち越ししていた。

勝利に酔いしれていた。

勝利ばかりを追い求めていた。

でも、感じてもいたのだ。

勝利したあとの空しさも。

自分はこの勝利で何を得たというのだ。

勝って満足した。それだけじゃないか。

次につながる将棋を打っていない。

オレは人と将棋を指すとき、勝つことを最優先している。

勝つために将棋をやっているのならそれでもいい。

でも、オレが将棋を指す理由は違う。

自分を成長させるため。

そして、今のテーマは攻めのバリエーションを増やすこと。

なのにオレは毎回同じうち方ばかりしている。

とても保守的だ。

今日、オレは先生との対局で今まで打ったことのない攻めに出た。

それは端からの攻めだ。

昨日先生がやっていたという打ち方。
でも、オレはその将棋を見ていなかった。

どんなものか気になっていた。

だから、自分の思い描いた端攻めを実践した。

直線でひたすら攻めていく。

取っては取られ取っては取られながらもあきらめずに攻めていく。

そして、相手陣地に入り込めたオレはその勢いでこの勝負に勝った。

陣地に入るために、次から次へと取った駒を置いていった。
相手の陣地内に駒を置くことは勇気がいること。
それで昨日は、へまをしてたっちゅうに敗れた。
でも、ここでためらったら、攻めが分断されてしまう。
ひたすら次から次へと攻めたかった。
一方からの攻めが難しくなったらもう一方からと。
その攻めの転換に気づくのに1手遅かったことが何度か見られた。
視野を広げていく。
それもオレの将棋を指すもくてきのひとつ。
そして、攻めながら、相手の逃げ道も絶たねば。
今回はその行動に移るのが少し遅かった。
相手は逃げようと思えば逃げれたはずだ。

さらに、一歩間違えれば詰められなかった見誤り。
それは、相手の角置きを忘れていたこと。
先生が良いタイミングで角を置いてきたときは、あせった。
角は思わぬところで、大きな駒をとれる使い方ができる。
その角の存在を常に意識して攻めと守りを強化していこう。

そして、今日の将棋でオレが目指したいのは怒涛の攻めだと実感した。相手のいかなる対応にも臨機応変に対応して攻めを継続していく流れ。
これをものにしていきたいし、そうなるためにも視野を広げていかなければと思った。
[PR]
by postmanda | 2007-10-07 15:17

今年1番のサプライズ

奇跡を目撃した!

少年ジャンプの表紙ハンター×ハンターじゃないか。思わず手にしてみたら、この号から連載が再開になっている。
およそ二年ぶりの連載再開。
今回は作品を投げ出さなかったことがただただ嬉しい。
[PR]
by postmanda | 2007-10-05 16:48

攻める意識

どうも、今週は職場での緊張感がない。 
先週より仕事が幾分か楽になったことと、創作の方に意識が向いてるせいかな。

まいったな・・
こんな無防備で仕事してちゃ狩られるぞ。
緊張感がないのは仕事がつまらないと感じるから。
もっと楽しまないと。
楽しむには攻めを覚えなきゃ。

それには、考えて攻めるだ。

2週間前先生が教えてくれたこと。

そのときは攻めるがどういうことなのかあまりよく分からなかった。


でも今日、オレはその攻めの意識がどういったもなのか、、その感覚をやっと受け止めることができた。
仕事をしているときにふと、あ~あの感覚かって分かった。

将棋を指しているときなのだ。

そのとき、オレはとても攻撃的になっている。
攻めが楽しくて楽しくて仕方がない。


自分の攻めのバリエーションの数だけ、無限に可能性が広がる。

仕事も同じじゃないか。
いかにして攻めて自分の思いどおりに仕事を進めるか。どうすれば同じ過ちを繰り返さないか。

この意識を定着させるためにも、今日は今からバリュー将棋だ!
[PR]
by postmanda | 2007-10-05 01:54

深い呼吸再び

深く息を吐くことを改めて意識するようになった。
以前にも先生から深く息を吐くように1日2セット強く息を吐き出すトレーニングをしろと言われた。あれから、3ヶ月。そろそろそのトレーニングもだれ始めるころだ。
だからこそ、今深く息を吐き出すことを貪欲にこなしていかなきゃ。

先週のボイトレで音痴はだいぶ治った言われた。
実際、ボイトレが終わった直後は、発声がとてもしやすくなっていて、曲を口ずさむのがいつも以上に気持ちよかった。

もっともっと歌うのが気持ちよくなりたい。
だから、深く息を吐く癖をつける。
[PR]
by postmanda | 2007-10-04 03:28

エネルギッシュなとき

2週間前に届いた1通のメール。
コウキでもポストマンにでもない。
HEIZO宛てだった。
ネット上でのもう1つの顔。
趣味でやっている創作HPの管理人であるオレ宛てのメールだ。
今度HPを開くのでよろしくお願いします、といった内容だった。
営業的な挨拶メールですね。
そう思って添付されていた画像もすぐには開かなかった。
その画像を目にしたのは、2日が経ってから。
不意打ちにも自分好みのイラストだった。

久々にきた!

絵を見ていくうちに、頭の中で話のストーリーが膨らんでいく。

久々に外から創作の刺激を得た。

この人のイラストをもとに小説を書いてみたい。

そんな時間はないのにオレは、その旨をメールをくれた彼に伝えた。

彼は大喜びだった。

オレも久々に乗ってきた。

それからというもの、少しずつストーリーを膨らませるように頭の中で思い描き続けた。

今週に入り、アイデアの閃きにエンジンがかかってきた。
これはどう?
あれはどう?
こうしたら?

仕事中も突然浮かんでくる。
仕事どころじゃない。

仕事をしないといけないのに・・・・

その創作に意識をとられて、今日は仕事の方で緊張感がまったくなかった。
ただ仕事をしていただけだ。
今週の仕事に対するテーマもどこへやら。
昨日から噴き始めた良い流れが吹き飛んでしまった。

でも、創作は続けていこう。
ここで止めてしまったらオレはくたびれたサラリーマンでしかない。
唯一エネルギッシュなときは、創作しているときだけだ。
[PR]
by postmanda | 2007-10-03 03:01