<   2007年 09月 ( 55 )   > この月の画像一覧

ギリギリの果てに・・

くそっ30秒の遅れで終電逃がした。

携帯の時刻を2分早めとくか。
[PR]
by postmanda | 2007-09-19 01:03

計画どおりに

特集記事の原稿を一日で書き上げることが出来た。ぎりぎりまで原稿に手をつけず、タイムリミットといっていい今日一日で一気に書き上げた。
他にも仕事が多すぎて時間を作ることが出来ない中で打ち出したスケジュールだったけれど、小心者のオレにとってのしかかる重圧はかなりのものだった。
それだけにこの達成はうれしかった。
原稿もデザインも今日まで手を付けてなかったけれど、頭の中でともに構成は出来上がっていた。
あとは目に見える形にしていくだけだった。
今回スムーズにいけたのは、準備が出来てたってことなんだと思う。

出来上がった記事は、何の面白みもないものだけれど、仕事の進め方に進歩が見られたことは素直に喜ばないとね。
[PR]
by postmanda | 2007-09-18 01:56

考えて攻める

たくさんしなくちゃいけないことが溜まっていて、でもやり方がよくわかってない。
でも、先輩からは考えて動けって言われたこともあって、なかなか聞くこともできなくて…・・・。
どんどん追い込まれてしまって辛いです。
仕事での悩みを先生に打ち明けた。
すると、先生は
「コウキの中で逃げる気持ちが出ている。失敗をする覚悟を持つことは、逃げない意思を持つことだ。それは、失敗してもいいやというやけくそでもない」
オレは今、逃げモードになっている。
腰がひけている。
先生のいうとおりだ。
それから先生は、将棋を例に出した。
「昨日、将棋を打ったが、コウキは考えて攻めるができるようになってきている。以前は、考えずに闇雲に打っていたのにだ。会社でも同じこと。会社で考えて攻めるを実践していくんだ」

分からないことがたくさんだ。

でも、考えて動かなくちゃ、そこを怠ると相手から指摘される。

それで動けなくなっているオレがいる。

だったら、先生のいうとおり、

考えて攻めるをやる。

今オレがぶち当たっている壁であり、その壁を乗り越える答え。

それが、

考えて攻める。

仕事の悩みがあったから、単純なことなようで、今まさにしなくえちゃいけないことだってことをすぐに受け止められた。

人間の成長の段階は次のとおりだと先生は言った。

①考えずにふりまわされる

②考えずに攻める

③考えて攻めを覚えだす

④攻め手を増やしていく

⑤守りを覚えだす

⑥攻めと守りが一体であることを覚えていく

⑦攻めと守りが上手になる

オレは将棋だと、考えて攻めを覚え出してきた。でも、仕事だとまだ②の考えずに攻めるから、③の考えて攻めを覚えだすの中間だと先生は言う。

これからは、考えて攻めができるようにならなければならない。

それができ始めたとき、相手との駆け引きが初めて成立する。

これまでは一方通行の日々だった。

でも、これからは相手との駆け引きを楽しんでいきたいと思わなきゃ。
[PR]
by postmanda | 2007-09-17 02:21

何様

会社で、肘をついて話してることを指摘された。

そんな態度は論外だと。

なめられたくない気持ちの表れ。

会話に上手く入れない苛立ち、ふてくされもあったんだと思う。

悩内王様モードをいいかげん自覚せよ!
[PR]
by postmanda | 2007-09-16 04:15

もったいない

朝風呂に入れなかった。
だから、この日は体の感覚がいつも以上に鈍かった。

今日、1日を無駄に過ごしてしまったかのようで・・・

これってすんげえもったいない。

くうぅぅぅぅぅぅぅl!

1日を充実させるためにも、朝風呂は必須。

そして、感覚を使うのだ!
[PR]
by postmanda | 2007-09-16 04:08

緊張感

先週の金曜日までさかのぼる
会社の年上の同僚から、会議で真剣さが足りないと注意を受けた。
オレは特集提案の説明をしたのだ。しかし、周りから突っ込まれ、苦笑されると、いやあっと言ってこちらも苦笑してしまう。その態度が良くないと言われた。取材不足が露呈されたのだから真摯に受け止めろと。

相手の言っていることは、正論だけれども、そこまで厳しく言われてもなぁって気持ちもあった。
どう受け止めればいいのか、わからなかったのだった。

その翌々日、先生からこんななげかけをされた。
「コウキは緊張しやすい。なぜだかわかるか?」
オレは首を横に振った。先生は続ける。
「緊張感がないからだ。緊張感が普段無いからちょっとしたことですぐに緊張する。緊張感があれば緊張はしない」

その話を聞いた瞬間、会議での態度を責められた理由がわかった。

オレには緊張感がなかったからだ。
先生はさらにこう言った。
「緊張感がないやつを見ると周りは緊張を与えたくなるんだ」
だから、オレは指摘されたわけか・・・・・

翌週からオレは、緊張感を意識して会社の仕事に臨んだ。

しかしどれだけ緊張感をもてたのだろう・・・。

最初の月曜日はえらく疲れた気がした。
緊張感を持つということはとても疲れることがわかった。

そのことを体で理解しているから、緊張感を持たずに何事も進めようとしないかもしrない。

火曜日以降は、仕事の忙しさが増して、緊張感という意識はぶっ飛んでしまった。

どんどん自分を見失って仕事に臨んでいく。

ブログに「緊張感」についての話を書いていればもう少しはましだったかもしれない。

緊張感を持て!

ブログに書いて整理して、緊張感が体に染み渡るようにしてかないと。

じゃないと、いつまでたっても仕事ができないままだ。
[PR]
by postmanda | 2007-09-16 03:57

気分転換はこれ

上はアロハシャツに、下はアーミーズボン。服装が劇団用に変わるだけで気分も変わってくる。

今日の着替えはつくづくそう感じたよ。
[PR]
by postmanda | 2007-09-16 03:32

喜ぶ人

やったっ会社の野球部から戦力外通告を受けた。少し自由の身に近付いた。
[PR]
by postmanda | 2007-09-15 00:38

人と交わることは

日を追うごとに追い詰められていく感が強くなっている。

やらなきゃいけないことが溜まっていって、勢いでいかざるえなくなった。

強行突破。
それで壁にあたり、右往左往することもある。

それでも、立ち止まれない。

いろいろな人間と関わっていかなければならない。

相手をする人間が急速に増えていく。

1日に何人もの相手とやり取りをしなければならない。

相手を困らせる場面も多々出てくる。
怒らせることもあった。

人との関わりが増え続けていくかぎり、
失敗する可能性も増え続けていくのだ。

もう投げ出したいか?
もう嫌になったか?

正直そうなんだ。

今はまだいい。
でも、そのうち本当にどうにもならなくなってどうしようもない事態になってしまうんじゃないかって、その不安が日に日に増していく。


1週間前へ逆戻り。
それなら
思い返さなきゃ・・





オレに欠けている思い、

“失敗する覚悟”
そして
“失敗を繰り返さない努力”
この二つが合わさったとき、
自分を成長させることができる。
[PR]
by postmanda | 2007-09-14 03:04

迅速に

何に対して膨れっ面になってるんだ?

いつまでぐずぐずしてるんだ?

きびきびと動け。

やるべきことを整理して迅速に動け。
[PR]
by postmanda | 2007-09-13 03:10