<   2007年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ライフ

ようやく手に入れることができた「ライフ」。
3巻まで一気に読んだけれども、想像していた以上に面白かった。
ぞくぞくした。
興奮した。

強くなりたい。
前に進みたい。

作中で時折、出てくる心情だが、ありがちなテーマである。
なのに、この漫画は面白い。

なぜだろう?

1つうらやましいと思ったことは、この作品からは強烈なパワーを感じたことだ。

わたしはこれを描きたいんだー!ていう作者の思いが、読んでいて伝わってくるのだ。

僕はこの漫画を読んで、先日仕事で取材した某作家の言葉を思い出した。
取材を終えた僕は、その作家にこんな質問をした。
「面白い小説を書く秘訣は何ですか?」
小説がドラマ化するほど、売れているその作家はこう言った。
「自分が書きたいことを書く。僕の場合はそれですよ」
その言葉が出たとき、僕はがっかりしたものだ。
ありがちな言葉だなぁって。

でも、ライフを読んだ僕は今、その作家の言っていることにとても共感したい気分だ。
書きたいものを書く。面白い小説を書く必要不可欠なことはそこなんだ。
でも、こうも思う。

僕の書きたいものってなんだ?


主人公が成長する物語。

そこまでは言葉ですぐに出る。
でも、それだけじゃ曖昧だ。抽象的すぎる。

成長するためにどうするの?
そもそもどうして、成長しなければならないの?

そんな自問をすると、すぐに言葉が止まってしまう。



僕が書きたいものはなんだ?

その答えは、僕の中にあるはずなのだ。

でも自分自身を省みないから気付かないのだ。
感じ取れないのだ。

先生は前に、良い作品を書くのに必要なものは、「怒り」だと言ったことがある。

社会への怒り、親への怒り、自分自身への怒り・・・・・・・

僕は何に怒っている?
その怒りに向き合わなければ面白い作品を生み出す強烈なエネルギーは湧いてこない。

もっと日記を書かねば。そして、自分自身の気持ちに向き合った内容を書かねば。
[PR]
by postmanda | 2007-07-31 03:34

韻と陽

今日は作家さんに取材。
作家ていうと、気難しいイメージがあったけど、その人はとても気さくなおじさんだった。
とても心穏やかで、のんびりと過ごしている感じがした。

その夜、家に帰り、ネットサーフィン。ネットでディル・アン・グレイのプロモーションビデオを見た。
残虐描写、きちがいじみた動きばかりの映像に、気持ちが沈んだ。
そのプロモーションビデオは、アメリカで映像の賞をとったみたい。

昼間取材した作家さんも小説で賞を受賞している。
芸術っていっても、作り手のに感性によってまったく違ったものになるんだな・・・。
ディルアングレイのあんな怖い映像はもういいや。
人が首を切られて死ぬ描写を見るようなものだ。
[PR]
by postmanda | 2007-07-27 03:46

ライフ

先週の土曜日に、清瀬で流れていたドラマ「ライフ」。
このドラマをりE、junco さん、ヒデミさんと一緒に見ていたのだけれども、面白かった。
クラスぐるみのいじめと闘う女子高生を描いたドラマ。
開始から、40分くらい主人公がいじめらるシーンが続いた。
番組のほとんどが、いじめシーンなのである。しかもえんえんと。
でも、見続けた。
飽きなかった。
刺激的だった。
闘え。
ドラマに見入っていた僕は心の中でヒロインに檄を飛ばしていたのだと、僕は思う。
ドラマなのに応援したくなってしまう。
それだけ、主人公が追い詰められていく描写が上手なんだろう。
そして、物語は、最後のあたりで主人公が逃げずにいじめと向きあうようになる展開で、この回は終わった。
やはり、闘わなきゃ。
そう、僕は物語に闘いを求めている。
ドラマの最後に、原作の紹介がされた。
漫画が原作だった。

週が変わって、月曜日。
会社を出た僕は、ライフの漫画本を探しに本屋に向かった。
大きな本屋を2軒回ったけど、2軒とも1巻が売り切れだった。
考えていることは、みんないっしょか~。

仕方なく、僕は他の漫画本を買うことにした。
そのタイトルは
「ホーリーランド」。
引きこもりだった男の子が、ひきこもり中にボクシングを覚え、ヤンキー狩りを始めていく物語。
復讐のためにヤンキーを狩るのではない。
自分の居場所を確保するため、
もう逃げないため、
生きていると実感するために主人公は闘うのだ。

ここにも闘う人間のドラマを描いた物語があった。

闘いがない物語は、物足りない。

漫画もドラマも・・・・・

そして、現実もと言える日を迎えたい。
[PR]
by postmanda | 2007-07-26 03:02

僕の責任です

厳しくあるために始めた日記。
仕事を成功させるために始めた日記。
本来書けないことも書く気持ちでいた。
だから、清瀬で、他の人が、そのブログを閲覧していたきには、びっくりした。
「何で見れてるの!」
思わず叫んでいた。
答えは簡単だった。
NATIVE HEARTのリンクに張られていたからだ。

僕は、このブログをリンクに張らないでと先生には言っていなかった。
そのひと言を言うのが、嫌だったから。
隠し事を頼むようで嫌だったから。
そのことで、どうしようか悩むのも嫌だったので、言うべきかどうかはひとまず放置しておいた。
その放置、物事からの逃げのおかげで、ことは大きくなった。
見られたらやばい内容が書かれているのなら、そのための用心をすべきだろう。
と先生は言った。
僕は何も用心をしなかった。
以心伝心という言葉が好きだから、それを選択した。
以心伝心は都合のいい言葉だ。
以心伝心。つまり、何も言わなくても伝わる。
これができるなら、自分から動かなくてすむようになる。

だが、現実は以心伝心など通用しない。
人に甘えたい、人に責任をなすりつけたい人間の奇麗事にしかすぎない。

僕は責任を放棄した。
責任を放棄したことで、自分が傷ついただけならいい。
他の人を不快な思いにさせた。
責任を放棄することの重みは、予想以上にある。

責任を放棄することは何もしないこと。
何もしないことは、罪だ。


翌日になり、ボイトレに臨む。

歌う曲は、先週に引き続き、長渕剛。
今日は、一声ごとに腹をへこまして力強く息を吐き出すことがテーマ。
そうすることで、長渕のような歌い方になれると先生は言う。
このテーマを僕は飲み込めなかった。
先週は、力を極力使わずに歌うことを意識して歌った。
しかし、今週は力が必要になる。
とはいっても、喉より上は力を抜いてなのだけれど。
先週とのつながりが見えないからかもしれない。
僕は、よく分からないまま歌っていた。
信じるべきものが見えてこない。
だから、厳しくあれと思っても、何に厳しくあるべきかも絞れないでいる。

すると、先生から指示が出た。
「普段、喋るように地声で歌え。曲のキーより、1オクターブ下げて歌え」

僕は、歌うとき、声を高くしているらしい。よって、歌うときはいつも裏声になっているのだそうだ。
先生は続けた。
「御前は、良い声を持っているのに、歌うときそれをすべて台無しにしている。低い声は声優だっていける声だ」
そうなのか・・・。
まるで実感がなかった。

僕は自分の声が嫌いだ。
録音、録画して聞いた声にいつもがっかりしていた。
失望していた。
だから、僕は歌うとき、極力声を作るようにしていた。
自分の地声で歌うなんてありえないと思っていた。

自分をまともに見ることができない。
自分を見失っている。

そういうことなのか。

自分の声は、どんな声なのだろう?


朗読するかのように地声で、僕は長渕剛の曲を歌い続けた。
地声で歌っているけど、本当に練習になっているのだろうか。
息を吐き出そうと思っても、地声で歌うことに鳴れてなくて、上手くできなかった。
そうこうしていうるちに、先生が戻ってきた。
曲は2番に入る。
そのとき、先生が言った。
「1オクターブ下げるな。キーを合わせていけ」
僕はその指示に従った。
先生が叫ぶ。
「もっと大声で歌え!」
先生は僕の腹を強く押し込めた。
「声を出せ!」
腹への圧力は強力だった。
これが、自分に厳しい呼吸っていうやつなのか。

そうだ。僕は、呼吸さえも自分に甘かった。
だから、呼吸が浅いのだ。

僕は思いっきり声を出した。
無我夢中で歌った。
大声を出した。

歌い終えたあと、今録音した音声を再生する。

流れ出る僕の声は、僕の知っている僕の声ではなかった。

男らしかった。
ちょっとだけかっこよくも思えた。

これが僕なのだろうか。

初めて、自分の歌を聞いて、体が震えた。
興奮した。
最高だった。

でも、この結果は僕のおかげじゃない。
このボイトレの間、僕は何一つ、自分に厳しくなかった。
厳しくできなかった。
もし、このボイトレの最中に何も伸びるものがなかったとしたら、
それは僕のせいだ。厳しくボイトレをできなかった僕のせいだ。
でも、責任を感じることはなかったのだと思う。

このボイトレの間、厳しかったのは先生だった。
おかげで、僕は成長ができた。
かりに、僕がこのボイトレの間に成長できなかったら、先生は責任を感じていたのだと思う。

俺のせいだ。
これは俺の責任だと。


いえ、違います。
僕の責任です。
僕の責任なんです。
自分に厳しくできませんでした。
僕は何もしていませんでした。

何もしないことは罪だ。

だから、まずは責任を放棄する罪を感じることから再生しよう。
[PR]
by postmanda | 2007-07-25 03:12

責任

自分に甘えるな。
厳しくあれ!

そんなテーマを掲げ、はじめたもう1つのブログがある。
書いている内容は、すべて会社のことだ。会社の1日を厳しく振り返る。
会社の仕事を成功させるため。そして、自分に厳しい人間になるために。
そのブログを始めてから1週間。そして、1週間ぶりに会った先生は、僕のブログに対して、こう述べた。
「人の意見に流されすぎだ。どこにも御前という存在がないな」
そこから説教モードへと入った。




あのシーン、あの声、あの表情を僕は思い出す。

逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!


逃げちゃダメだ・・・・・


エヴァンゲリオンでよく出てくる、物語の主人公シンジの心の声だ。

この逃げちゃダメだという台詞に多くの人間が共感して、エヴァンゲリオンは、大ヒットした。そして、オタクたちからは、神聖化された。
それだけ、多くの人たちが逃げているという証なのだ。

僕もすぐに逃げる人間だ。
2年前まではアルバイトをしてもすぐに止める日々が続いた。
仕事からすぐに逃げた。
責任からすぐに逃げた。

でも、僕は成長した。

仕事を止めることはなくなった。
結果的には、仕事から逃げていない。
責任からも逃げていない。

本当にそうなのか・・・・?


違うのだ。
この2年間で僕は、責任を誰かに投げつけて、自分は責任を取らずにすむように、すむようにする癖がついてしまった。いや、元々そういう人間だったのが、仕事をすることで分かりやすいくらいに表面化してきたのだろう。
自分で動かずに、誰かの意見のままに動く。
そして、失敗したら、その人にせいにして、自分を守る。
もちろん、責められるのは僕だ。
でも、責められても、自分の中では、自分を正当化する、自分を守る理由が出来ている。
だから、、僕は自分の心だけは守ることができた。

その結果、自分の意志が存在しない仕事の仕方ばかりになってしまった。

結局、逃げているのだ。

責任をとることから。

責任が怖いのだ。

どこが自分に厳しいというのだ。

先生から説教を受けて、1つ分かったことがある。

自分に厳しくとは、自分の行動に責任を取れということ。

オーケー。

これからは、責任との闘いだ。
[PR]
by postmanda | 2007-07-24 02:52

帰宅にて

劇団の稽古から帰ってきてボイトレのおさらい。

くたくたなので、もう寝ます。
[PR]
by postmanda | 2007-07-23 02:35

続・視力回復

睡魔に襲われていた劇団の稽古中。
「コウキ、言ったろ、視力は回復するって」
と、先生から突然言われた。
昨日の日記、視力が回復してきている話を見ていたのだろう。
「あのさ~先生」
と僕は、タメ語で先生の言葉に思いっきりくいついた。
もちろん、タメ語のところを突っ込まれたけど、そんなことはどうもでいいさ。

視力検査をして、視力が上がった数値が出ても、いやいや、そんな実感ないしって受け入れることができてなかった。

でも、先生から「なっ」って、言われたことで、僕もようやく実感できた。
視力が回復してきている事実を受け入れ始めた。

視力は回復するんだ。

昨日に引き続き、書いた視力回復ネタ。

それだけ、うれしいことだから。

このまま、続けていくぞ。

そして、裸眼で生活できるようになって

「窪塚洋介に似てるね」

って言われまくるんじゃい!
[PR]
by postmanda | 2007-07-22 01:28

あるがままに、気ままなままに

2週間前の日記を読み返すと、今と全然テンションが違う。

2週間前は馬鹿なテンションで突っ走ってたけど、今は感傷的な内容が多い。

これっていい流れじゃないの。

日記が、感傷的な内容になったことにじゃない。

日記のテンションに変化があることにだ。

それって、体調の変化を日記で表せているじゃないか。

自分の状態を文章で書き記せている。

そのときの自分の気持ちにちょっぴり素直になれている。

あるがまにに、気ままなままに。

書きまくるぜ!
[PR]
by postmanda | 2007-07-22 00:51

視力・修正版

左目が痒かったので、眼科に行った。
自分の番になり、早速、視力検査、裸眼視力を測る。
そこでわけのわからん数字が出た。

左0.4 右0.07

0.1をきっていたのに、0.4?
しかも、左と右とでえらく数字が違う。

これって5月から始めた視力回復トレーニングの効果なのだろうか。

始めて3ヶ月。

視力が良くなっている実感は全くなかったのに。

それどころか、1週間前は、全然視力が回復しないから、あきらめを感じてきていて、手術して治すしかないないのかなぁって悩んでたくらいだったのだ。

でも・・・・

視力は回復していた。





ふはははははっ。

また、がんばるぞ、視力回復トレーニング。

そして、裸眼で生活できるようになって、

「窪塚洋介に似てるね」

って言われまくるんじゃい!
[PR]
by postmanda | 2007-07-21 03:41

選択せよ

時間に、人に追い詰められて生きている。

いつもと変わらぬ図式だ。

夏休み進行にくわえて、特集一本、80Pの企画と通常以外の仕事を持っている今は、いつもより忙しさが格段に増しているため、その図式が顕著に表れている。

気がつくと、日にちが変わっていた。
ようやく、仕事を終えて帰路を歩く。

もっと早く家に帰るには、どうすればいいのか。
早く帰りたい。

それは単純なことじゃないか。


自分に甘えますか?

厳しく生きますか?


どちらかを選べばいいんだろうね。

どちらも選ばないから何も変わりがない。退化もないが、大きな成長もない。


自分に甘えますか?

厳しく生きますか?


悩んだときは、、
どちらかを選べいいさ。
自分に甘えることを選択したのなら、いずれ自分を責めるときがくるかもしれない。

厳しく生きることを選択したのなら、成長できるのだろうね。

どちらも選択せずに、無意識的に自分に甘くしているかぎり、言い訳ばかり言って生き続けることになる。

悩んだときは、
頭の中でこの選択肢を浮かべればいいんだろうね。


自分に甘えますか?

厳しく生きますか?



選択しないことには何も始まらない。

選択したふりはあっても、僕はまだ本当の選択をしていない。

自分の気持ちにごまかして生きている。

それは今日もだ。
[PR]
by postmanda | 2007-07-20 03:01