カテゴリ:未分類( 994 )

ドリフト!

ドリフト走行会に参加した。

初めてのドリフト挑戦だ。

恐れが沸いてくる。
車が滑ることにじゃない。
それ以前の問題。

曲げる瞬間にいくつもの動作をする必要がある。
車をコントロールしきれるか?

そんな中、車を走らせる。

車は全然滑らなかった。

アクセルを踏めてない。
滑るはずがない。
致命的な問題。
まずはここを乗り越えないと。

踏めない理由はわかる。
その問題をクリアーするためにはどうすれば・・・

答えは出てこないけど、
でも、
少しずつだけど、
踏めてきた。

車は一向にすべらない。
失敗の連続。

それでも、体中が熱くなってくる。。
声に出したくなる。

曲がれ
曲げてやる
曲げてやるんだ!

ただそれだけのことだ。
なのに、熱い。体がほてってくる。
マグマが体内で沸き起こる。

僕は車を曲げることに熱中した。
熱くなった。

1回目の挑戦では、車はすべらなかった。あまり曲がらなかった。

2度目の挑戦。
次はドリフトではなく、まず車をスピンさせることになった。
車は思い切り曲げさせられないことには始まらない。
それができたらあとは加減の問題。

ハンドルを切ってから、クラッチを踏んでサイドブレーキを引く。

それだけのこと。

でも、思い切りできない。
車をコントロールする自信がない。

踏め!
踏まないと車は曲がらない。

スピードが増すことで徐々に車は曲がり始める。

車が曲がれば、パイロンに当たることだってある。
それを気にしてちゃダメだ。

思いきりいくんだ!
ぎゅるるるる!!

曲がった。
車が1回転した。

はたからみたら失敗のように見えるかもしれないけど、この失敗が心地よかった。
僕はどんどん車をスピンさせた。


その次の課題は、サイドブレーキを引いてから、また元に戻す。そのとき、クラッチは足から離す。と同時にアクセルも踏む。
アクセルを踏んだら、パイロンの周りををぐるぐる走る。

1つ動作が加わることで、難易度はぐんと増した。

曲げる直前までにスピードはだいぶ出せるようになった。
それだけに動作の失敗が怖い。

それでも、車をコントロールできる自信も少しずつだけど、増してきていた。

ぱっ、ぱっ、ぱっ!

一連の動作ができて、車をパイロンの周りを走る。おお、なんかすべってる感じ。3周くらいしたら、次のパイロンへ。
なんか良い感じじゃない。

また車を操る気持ちよさが増す。

車が大きく周りすぎて、コーナーの外にいきそうになったりするけれど、それをなんとか止めさせたり、コーナー内に戻したり。すべりも少しずつだけどコントロールできるようになってる気がした。


でも、終わってみて周りの反応をうかがうと、たいして滑ってないみたいだった。

まだまだなのか。

ちょっとため息をつく。

クラッチを離し切れてないんじゃないか。

すべての動作が中途半端。

だから、車の滑りも中途半端なんじゃないか。

僕は思いきりを心がけて、次に挑んだ。

でも、結果はあまり変わらない。

スタッフの人に今の走りの感想を聞いてみた。

「ブレーキ踏んでる?」

僕は踏んでないと答えた。

サイドブレーキをあげる前にブレーキを踏むのは必須のようだった。

早速、僕は挑戦してみる。

また一つ動作が加わるだけで、難しさが一段と増す。
一つ一つの動作の歯切れが悪くなる。
何度も失敗が続く。

パイロンの周りをきゅるきゅるきゅる!

どうだ!!

白煙が見えた。

タイヤと地面の摩擦で噴いているのだ。

やった!

これだ!

車を滑らせる度合いが増した証拠をこの目にし、僕は手応えを感じた。


そのあと、すぐに時間がきて、これで今日のドリフト練習は終わった。


車を滑らせる。

何の意味があるんだろう。

と思わなくもない。

でも、やってみたら、

意味なんて関係ねえ!

熱くなれるからやるんじゃい!

と思えるようになった。

車をコントロールすることは楽しい。

楽しいから、車をコントロールできるようになりたい。


初心者の僕に丁寧にドリフトを教えていただいた、スタッフの方、ランエボの方ありがとうございました。
[PR]
by postmanda | 2009-06-10 22:43

上級者コース

この日の練習場所は上級者コースとなった。
行くのは2回目。

走るのがちょっと怖い・・・。
前回走って、そんな印象を抱いている。

でも、この日は怖いと思うことがほとんどなかった。

“直線で十分に減速するように”

先生が出した指示を守ったからだ。

ポンピングブレーキを使って減速し、
コーナー進入時から真ん中までを一定の量アクセルを踏み続けるようにした。

するするする~とコーナーを走っていく。
スピードを出してはいなくても、奇麗にコーナーを通れて気持ちよかった。
いつもコーナーでは、耐えていた。壁にぶつかる恐怖、思うように体が動かないもどかしさ・・・
でも、今日は爽快だった。コースに沿って奇麗に走れている。
毎回じゃなくて、その回数はわずかだったけど、でも今までにない感覚だった。

コーナー真ん中では結構アクセルを踏んだ。
狭い道だから、踏めないかなと思ったけど、安心して踏めた。
それも十分に減速したおかげだ。

途中、先生の車の助手席に乗った。
狭い道だから、いつものようなスピードではないけれども、滑り具合はいつもと変わらない。
だから、スリルもいつも以上。
途中、コーナーが連続して、ずずずずと滑り続ける車を右に左に走らせる。
車を踊らせているかのようだった。
ちょっとレベルが高すぎて、テクニックを盗めなかった。
このコーナーで悩みを持ったとき、僕は自然と盗もうとするんじゃないか。

帰り道、運転がとても楽だった。
コーナー進入時のアクセル踏み具合、荷重移動ともにスムーズになっていた。

スピードは出せなかった。でも、今日の走りで僕の気持ちは結構満たされた。
[PR]
by postmanda | 2009-06-04 22:50

ばくばく

第3コーナーをぬけるところでアクセルを思いきり踏み、車のけつが滑った。
滑りすぎてコースからはみ出そうになった。

慌てて左に戻す。
童謡しすぎてまたアクセルを踏んでしまった。
今度は左に滑り出した。
また慌てて右に戻す。

車は真ん中に戻り、安定した状態を取り戻した。
でも、僕の心臓はばくつきっぱなしだった。

危なかった。
キャパシティを超えていた。


ややあって冷静さを取り戻していく。
しばらくコーナーで踏むのを抑えよう。
僕はそう思った。


ただ、事故にならなかったのは、コーナー真ん中から踏むのを守っていたからなんだと思った。
安全なところから踏んだから事故にならなかった。
安全なところだから多少無茶が出来たんだ。

この日はコーナーでの荷重移動を大げさにやった。
その方が車と一体となってインを突ける。

小手先じゃなくて体で車をコントロール出来る。
気持ち良かった。
だからアクセルを踏みすぎたのかもしれない。

今の悩みは、コーナー進入から真ん中に行くまでのアクセルの踏み具合。
ひょっとしたらこのやり方の方がタイムが縮まるんじゃないか。
先生の運転の横に乗ってふと思った。

それは今まで否定していたやり方。
理論上それはベストじゃないなって。

でも、改めて考えると合理的な気もしてきた。

心に留めておこう。
少し高度な気がするから、まだやらない。でもちょっとはやってみるか

今は基礎を固める時期。スピードを縮めればいいわけではない。

熱くなる瞬間を求めて走る。

昨日は熱くなりきれなかった。

もっとマシンと一体になって走ることを望んでいるからだ。
[PR]
by postmanda | 2009-06-01 13:19

首をひねる

タイムを聞いた瞬間、僕は首をひねった。

27秒4。

ベストタイム。しかも、0.8秒も更新だ。

だけど、このときの僕の走りはとてもちぐはぐだった。
この日、最低の走りだといってよかった。

それでも、ベストタイムが出てしまった。

この日は、地面の状態が悪くてなかなかタイムが伸びなかったというのに。

いつもより踏んでいた。体が動いたから踏んだ。その分ちぐはぐな走りになったのかもしれない。
無駄なところがたくさんあったということは、それだけ伸びる余地がいっぱいあるということ。
次回は、26秒いくかもしれないし、車をコントロールできずに事故を起こすかもしれない。

ひとついえることは、コーナー手前で減速をしっかりすること。
それさえ出来れば、タイムは伸びるし、事故の確率も減らせる。

コーナー手前での減速。
これが無意識にできるようになったとき、タイムはさらに縮むはずだ。
[PR]
by postmanda | 2009-05-30 01:57

雨の中

ダートのコンディションは最悪。
雨が2日連続で振りっぱなし。
地面はぐちゃぐちゃだ。
タイムは思うようにでない。
これから、この日、4発目の走りへと向かう。
僕は、教えてもらった新たなテクニックを整理出来つつあった。
意識するは、ブレーキとアクセル。
ブレーキはだん!だん!だん!と思いきり、アクセルはかかとをつけてから丁寧に踏んでいく。
思い描いていたとおり、これが出来ればタイムは縮まる。
僕は確信していた。

スタート。
直線で思いきり加速。
コーナー手前、ブレーキを踏むラインまできた。
だん!だん!だん!
そこから、足はアクセルへ。
思いきり踏んじゃだめだ、じょじょに、じょじょに。

そして、コーナー真中がきた。
ここで、思いきり、
踏む!

ずごごごごぉぉ!!

滑りながら、外へ車は向かう。

左へ左へコントロール。

次のコーナーでも真ん中で思い切り踏む。

体に圧力がかかる。
その圧力を車とともに僕は切り裂いていく。
前へと突き進んでいく。

踏めている。

僕は確実にアクセルを踏めているぞ。

そして、最終コーナー。
ここでも、思いきり減速してからインへ。
真ん中で思い切り踏んで、あとはゴールまで突き進むんだ。

いった!

手ごたえがあった。

今までの走りとは違う。

踏めた。

踏めていた。

アクセルを踏めていた。
でも、無理をしたわけじゃない。
アクセルを踏み、かつ車をコントロールできていた。


「タイムは!?」
僕は助手席のyoshihikoに聞いた。

タイムを聞いた瞬間、叫んだ。
言葉にならない咆哮。

前回のタイムから3秒もタイムが縮まったのだ。

やった!

タイムが縮まったからうれしいわけじゃない。

轟音が鳴り響くスピード。その領域の中で車をコントロールすることが出来た。
そして、車は自分自身との闘い。
30分前までの自分から僕は大きな進化が出来た。
これらの証明を数字がしてくれたのだ。
自分が思っていた以上の記録となって。
だからうれしかったんだ。



その後、先生の助手席に乗った。
先生の走りの技術を盗む時間。
相変わらず、先生の走りはすごい。
壁にぶつかるんじゃないかというぎりぎりのところまで、コーナーを攻めていく。
ものすごいスピードで。
そんな中、僕は先生の使っているテクニックに1つ気づけた。

さっそく、自分の番で試してみたら、タイムがまた1秒縮まった。
効果は確実に出ていた。
また、うれしかった。

どんどん車と一体になれている。
一体になって、世界を突き抜けようとしている。

興奮しっぱなしだ。
気持ち良い。
最高だ。

この日のベストタイムは29秒88。
初めての走りから5秒も縮められた。

でも、まだまだ走りは荒い。あそこもここもと無駄をたくさん感じている。

今日、学んだブレーキとアクセルの使い方をもっと向上させていけば、その無駄はどんどん削れていける。

そして、もう1つの課題は、コーナーでインを恐れずに攻めること。
思いきりいっていいんだ。
思いきりインにいき、またアウトに。そして、インに、また、アウトに。

僕はこれまで綺麗にコーナーを曲がろうと意識しすぎていた。
大胆にインを突いてから、細かく修正すればいいのだ。

その方が安全なのだ。
なぜなら、アクセルを踏めば踏むほど、曲がり切れずに外に車をぶつけてしまう危険性が増すからだ。
ぼくも前に一度車を曲げきれずに外にフロントをぶつけてしまった。

大切なのはインに攻めていくこと。そして、細かい修正だ。

車を振り回していく。
そのためには、もっともっと車と一体となる必要がある。
恐怖を感じているうちは踏めない。
恐怖に麻痺してしまっても踏めない。
車と一体となった感覚が増したとき、僕はもう少しだけアクセルを踏めるようになる。
[PR]
by postmanda | 2009-05-26 21:23

ずずずずず!!

物事を極める。
その途中で必ず壁にぶちあたる。
壁を越えられるか、超えられずに挫折するか・・・。

先週末、ダートで僕は壁にぶちあたった。
29秒台の壁だ。
頭の中でシミュレーションをしてもタイムを縮めることができない。
タイムを縮める工夫もこれといったものがでてこない。
以前と比べたらだいぶ、車の運転が上手になっているけれども、ここにきて頭打ちか・・・。

そんな中、昨日、僕は車の運転レッスンを受けた。

まずは先生の車に同乗して、走りながらポイントを教えてもらう。

コーナー真ん中でアクセルを思い切り踏む。

先生のアドバイスはそれだけだった。
僕は拍子抜けした。

そんな単純なの・・・。

もっともっと高度な技術に挑戦するのかと思っていた。

いや、難しいことはしたくないんだけども、29秒の壁を越えるにはそれくらいのことしないといけないのかなって。

といった思いも頭の中で浮かんではいたが、困惑するほどの余裕もなく、教えられたことをやらなきゃという思いで一発目に挑む。。


タイムは縮まるのか。


1発目。
砂煙がひどいこともあって、かなり抑えめに。
タイムは36秒台。

初めてだから、こんなもんだろう。

2発目。
コーナー前で減速して、コーナー真ん中にきたら一気に踏む。
30・79。

あまり無理をしなかったのにいつものタイムだ。
がんばらなくても同じタイム。

これってひょっとして・・・・

3発目。
30・12。

5発目。
29・14。

あっという間にベストタイムを更新してしまった。


これってすごいじゃないの。

無理してないのに、タイムが伸びちゃうんだもの。

オーケー、何度でもやってやるさ。

走りはまだまだ続いていく。
何度もやっていくうちに分かってきたことがあった。

コーナー手前での減速をもっと早めに終えた方がいいこと。
進入時にアクセルを踏みすぎず、できるだけ抑えること。
真ん中にきたら、アクセルを一気に踏むこと。

この3点を守れば、スピードは伸びる。
僕は気づき始めている。
メインはコーナー真ん中。コーナー手前からの行動は、この瞬間のために準備を整えるようなもの。
だから、減速を早めに終わらせて、体勢を整える必要がある。アクセルを思い切り踏んでも車をコントロールできるくらいの体勢を。

すべては、コーナー真ん中でアクセルを踏むために。アクセルを思い切り踏むために。爆発するために。マグマとなるために!

12発目。
3つ目のコーナーで思い切りアクセル!
ずごごごご!
行く、行、行く!

ずずずずず!!
車が滑った!
ケツが右に。
あわてて、左に戻す。今度は戻しすぎ!

車が滑っていた。
ドリフトしていた。

驚いた。
びっくりした。


でも、まだコントロールできる範疇だ。
コーナーを出たあたりで滑ったからだ。

このドリフトは範疇内。
それなら、大歓迎だ。

タイムを見ると
28・32。
ついに28秒台前半へ。

でも、まだまだいけるはず。

そして、13発目に28秒20がでた。
おおっ。
ついに、ついに、昨日までの自己記録を1秒以上上回った。


それ以降は28秒後半に終わった。
原因はわかっていた。
ギアチェンジがスムーズにいくようになったことで、以前よりも早めに減速を終えられるようになったからだ。
そうなると、コーナーまで距離ができる。
その間に耐えられず、アクセルを踏みすぎてしまい、コーナー真ん中時でアクセル爆発ができてないからだ。

ギアチェンジを早く終える分には問題ない。今のタイミングがいいのだと思う。
そこからである。
まずはアクセルの踏みを抑えて、むしろ体勢を整えることに集中する。ギアチェンジの動きも体勢を整える動きにつながらせるようにする。
コーナー爆発。
すべてはその瞬間のために。
[PR]
by postmanda | 2009-05-26 20:45

今日もダートだ。
前日までにコースを走るシミュレーションはしてきてある。
さあ、どんとこいだ。
ダート1本目。
アクセルを自分のキャパシティ以上に踏まないようにした。
全体的に大きく乱れたところはなく走り終えた。

でも、タイムは31秒後半。
自己ワースト。
うむむっ・・・。
いつもよりも踏めてなかったらしい。
もう少し踏まないことには。

2本目が29秒真ん中。
だんだんと調子が出てくる。

4本目で2本目のカーブでインをつき、3本目のカーブでもアウトからインにいった。
今日一番の走りかな。
でも、タイムは30秒台。
遅くなってる。
むむむっ・・・・。

5本目以降は、1本目のカーブでの減速からギアチェンジにもたついてタイムが伸びず。

シミュレーションはしてきたけど、タイムに反映はされなかった。

がっくりである。

シミュレーションが足りないのか。
足りないとは思うが・・。

うむむっ・・・。

一番の問題は、1本目のカーブ時のギアチェンジ。
アクセルを踏むとその分、もたついてしまう。
ギアチェンジの1つ1つの動作を丁寧にすることを心がけるしかないか。
それと、ポンピングブレーキの回数を2回から3回に増やしてみるか。
一発目にがつんと踏んでそこから2回ぽんぽんと。
多少時間はかかっても、きちんと減速させてみよう。
そしたら、ギアチェンジもきれいにいくかもしれない。

2本目のコーナーは、目立って問題はない。逆にこれ以上インをいこうとしたら今の僕だと危険だ。

3本目のコーナー。
このときは、姿勢が乱れがちでそれほど踏めていない。
危険だとわかっているから、踏めない。
もっと早くの荷重移動。
それでコースに対応した動きをとりたい。

でもでもでも、
スピードが出ている中で、思い描くとおりに動けるかというと実際には難しい。
体がついていかないというやつだ。
だから、これ以上スピードは出せない。

これは壁だ。
29秒の壁を越えるのは、難しいかもしれない。

うむむっ・・・。
ともかく、今はきちんとブレーキすること。
3度であろうが一度で決まるブレーキングが速さのしるしにちがいない。
[PR]
by postmanda | 2009-05-20 07:11

シミュレーション

第1のコーナー
コーナーまで直線距離が長い。
その分、加速がつきやすく、ブレーキで十分減速してギアチェンジするまでに思っている以上に距離が進む。踏んでコーナーに入るためにもかなり早めにブレーキを踏む必要がある。
カーブは少しだけ深い。ブレーキを早め、早めに心がけコーナーでもたつかないことを第一に心がける。リズムを作る起点にもなるため、アクセルを踏みすぎないことも心掛ける。直線でタイムを縮めようという欲を捨てまずはカーブを綺麗に曲がること。カーブでタイムを縮めていく。

第2のコーナー
深さはあまりなく、道も広い。
そのため、ギアを落とすことも減速も必要もなく、できるかぎり、インを攻めることをここでは心がける。アウトインアウトの練習にもってこいの場所だ。ここでアウトインアウトが出来るようになったら、他のコーナーでも試していく。


第3のコーナー
第2のコーナーを抜けたら直線が続く。ここでまたアクセルを思いきり踏む。
カーブは少し深い。また、ここは左回り。障害は木だから、木の隙間から先は見える。
とはいえ、早めの加重移動をする必要がある。
そのためにも早目の減速が必要だ。
また、カーブの道が多少狭いこともあり、アウトからインを突くことを心がけた方が安全だ。
アウトから早めの減速、早めの加重移動、そしてインを突く。
心がけるはこの3点。
また道が狭いため、繊細にアクセルを踏む必要がある。一気に踏むのではなく、徐々に踏んでいく。
[PR]
by postmanda | 2009-05-17 08:37

轟音

ごごごごごご!!

その音は轟音。
轟音が僕の耳に届いた。
光景が迫り来る。
そして、轟音。
ごごごごごご!
これは音じゃない。
リズムだ。
轟音なリズムを生み出している。
僕が。
車で。
運転で。
ダートで。


前回は、2つ目のコーナーで上手く曲がれなかった。
早くに減速しすぎているんだと思っていた。
でも、そうじゃなかった。
先生の隣に乗ってわかった。
先生も減速のタイミングは遅くはなかったんだ。
思っていたよりもかなり早め。
迷いは消えた。
減速は早くてもいい。
それじゃあなぜ、コーナーで失敗するんだ。

何度かトライしていくうちに理由が見えてきた。
簡単なことだ。
コーナーで踏めてないからだ。
早く減速したらその分、コーナーまで距離ができる。
そうすると、どうしたらいいか、躊躇してしまう。
間ができるほど、踏めてないことがわかってしまう。
それだけのことなんだ。
原因がわかったのは、僕がコーナーで踏み始めたから。
コーナーで踏み始めたとたん、歯がゆさは減っていく。
リズムがまた生み出されていく。

コーナーでのリズムは、

しゅしゅしゅしゅっ!

そして、抜け出した後でまた
ごごごごごご!

轟音を生み出していく。

この日はとても満足行く走りができた。

今の僕には上出来すぎる出来だ。

でも、もっとコーナーで踏みたい。
けれど、これ以上踏むと危なくなってくる。
コーナー手前で課題は減速した後だ。
減速したときに姿勢が崩れてしまっている。
おそらくは後ろに。
ブレーキを踏むということは、荷重移動を前にすること。
なら、姿勢は前にいくべきじゃないか。
体が前に行く力を利用してリズムを生み出していけば。

まだ体を使い切れていない。
もっと体を使えるはずだ。
そのとき、僕はもう少しアクセルを踏めるようになる。
[PR]
by postmanda | 2009-05-12 11:58

もっと攻めよう

次の日、また同じ林道を走った。

この日5回走ってスピードを上げることができた。

でも、
だめだめだ。

直せるところがたくさんある。

特に、
3つあるコーナーの中で真ん中のコーナーがひどい。


ブレーキを早く踏みすぎてしまうんだ。
もうそろそろ減速しないとやばい。
そう反応してブレーキを踏む。
しかし、実際はまだ減速せずにいけてしまうんだ。

コースを把握できていないんだ。
やばそうにみえてまだいけるコースなんだ。
はじめの試走でコースを理解しとかないとな。

それから、
限界まで速度を上げたら、すぐにブレーキを踏んでしまう。
オンとオフじゃなくて、スピードを維持することができるようにならないと。

ただ、最後のコーナーはけっこう頑張れたと思う。
直線が短いからやりやすいんだと思う。
ごごごごごって気持ち良かった。
突き抜けていくような感覚を味わえる。

2つ目のコーナーは、守ってる感じ。
とても守ってる。
守りを忘れると事故るけど、
次は、もっと集中して、
集中した分、もっと攻めよう。
[PR]
by postmanda | 2009-05-10 06:31