2009年 01月 08日 ( 3 )

新しい職場

新しい職場出勤初日。

厨房の仕事だった前回とは打って変わって静かな職場。

自分に似た人たちが集まっているなぁというのが正直なところ。

居心地が良いような悪いような・・・

仕事は、パソコンを使っての入力が中心。

覚えることがたくさんで、覚えたら楽になるかな。

覚えることがたくさんあるということは、何から覚えていくかが大事。

小さなところからではなく、大きなところから、優先順位を付けて覚えていくぞ。
[PR]
by postmanda | 2009-01-08 23:48

誤字訂正

昨日のブログで失礼な誤字があったので訂正を。

× ナツヨさんの協力がなかったから

〇 ナツヨさんの協力がなかったら


注意力、まだまだです。

ナツヨさん、すみませんでした!
[PR]
by postmanda | 2009-01-08 23:43

車検当日

ユーザー車検を受けに一人で行ってきた。

結果は無事、検査を通って合格となった。

落ちて駄目元という気持ちがあっただけに、この日で検査を通ったのはうれしかった。
しかも、車検が切れる1週間前、新しい仕事が始まる前日にと、タイミングもばっちし。
これで気持ち良く明日から仕事に行けるってもんだ。

でも、この日は、検査で四苦八苦した1日だった。
一度目の検査で不合格となってしまったのだ。
落ちた項目は、スピードメーターとヘッドライト。

検査で車を操作するのは思っていた以上に大変だった。
インプレッサを乗っているという過信が正直なところあった。

検査では、指示の内容がよくわからずに止まってしまい、後続車に大変迷惑をかけた。

車を上手く操作出来なかったために、スピードメーターで合格にならなかった。
コンピューターがきちんと認識出来なかったのだ。

検査が終わってもう一度検査を受けなきゃいけないのかと思うと憂鬱になった。
反面、出来なかったことを出来ないままにしちゃいけないという思いもあったから、スピードメーターで落ちたのはチャンスだという思いも持っていた。
汚名返上のチャンス。

スピードメーターは、ドライバーの技量不足なだけなのでたいした問題じゃなかったけど、深刻だったのが、ヘッドライト。
細かくは書かないけど、いろいろとあって、今日は駄目かもしれないと思った。
それでも、いろいろと手をうってなんとか次の検査で通すことが出来た。

スピードメーターに関しては、前回の操作ミスを反省して、事前に検査を見学し、分からないところを検査官に質問してから再トライした。
こちらもなんとか検査をクリアー出来た。

車検はこれで2度目。
前回は、失敗ばかりして迷惑ばかりかけた。
その失敗を今回活かすことが出来たかなと思う。
検査を受けるのに車を操作するのも大変だったけど、これも一回目の不合格という失敗を次に活かせた。

今回は結果的にスムーズに終わったけど、とても運が良かったと思っている。

ナツヨさんの協力がなかったら、この日までに車検は終わってなかっただろうし、親切な車屋さんとの出会いがいくつかあったのも大きかった。

彼らの存在なくして、車検を通すことは出来なかったと思う。

車をいじることももっと自分で責任を持って出来ないといけないし、車屋さんにあきられないように車の知識ももっと増やすべきだ。
それから、車検検査の内容ももっと警戒して、事前に勉強すべきだった。一度落ちたから検査を見学するのではなくて、一度目受ける前に見学すべきで、分からないところを検査官に質問すべきだった。用意周到さ、用心深さがまだまだ足りてない表れだ。

運良く順調に車検を終わらせられたのは、いい加減な部分が減って、用意周到さ、用心深さがちょっと上がったからなのだと思う。
もっともっといい加減なところをなくしていって、用意周到さ、用心深さを高めていけば、次は運に左右されずに車検を通せるんじゃないかと思う。

とりあえず、
車検を通せて、


やったどー。
[PR]
by postmanda | 2009-01-08 00:50