2008年 11月 01日 ( 2 )

見る

運転の最中に見ることって大変だ。

大変なことだから、ついついやるのを怠ってしまう。

逃げ込んでしまう。

とても疲れることだし、危険なものがいっぱいだと知ることが怖い。


でも、先生から周りを見ろと言われて、いつも以上に見ることを意識してみた。

不思議と怖さが薄らぐのを感じる。

体の硬さが取れていく。

ああ・・・僕は運転の最中に周りを見ていなかったんだな・・

思い知ってしまった。


周りを見よう。

簡単なようで大変で怖いことだけど、

逃げちゃダメだ。

逃げたらもっと運転が怖くなる。
[PR]
by postmanda | 2008-11-01 02:12

3者3様だから

今日、3人の女性に車の運転を教えた。

車の発進の仕方を中心とした基本的なことを。

これまでも車の運転を教えたことはあったけど、複数の人間相手に長時間にわたって教えたのは初めて。しかも、練習メニューを自分で考えて。

それで感じたのは、車の運転は、3者3様だったということ。

それぞれ出来ること、出来ないことが違うのだ。

だから、1つの型、やり方を掲示して教えてしまうよりも、その人が出来ないことを出来るようにする。

悩んでいることを解決する手助けをする。

そうしたやり方が良いのかなと僕は思った。


3人に教えたから感じたこと。1人だけだったら気付かなかったと思う。

苦手としているのなら一緒に考える。

そうすることで、僕も自分の発進の仕方について考えさせられる。

もっと丁寧な発進をするための方法を見つけられる。

感覚じゃなくて、理論的な理解。

今日は3人に教えたから、理論的な理解が3倍進んだ1日だった。
[PR]
by postmanda | 2008-11-01 02:08