2008年 08月 21日 ( 2 )

自主ドラム

レッスン室があいてたからドラムをたたいた。

積極的にやったのは、昨日バスドラを叩くコツを教えてもらったからなのだと思う。

バスドラを叩いて気持ち良かったのだ。

その感触が忘れられない。

そして、その気持ち良いに、気持ち悪い要素、つまり出来ていない部分があるから、そこを直してもっと気持ちよく叩けるようにしようと思った。

エイトビートを叩いてると、今日もハイハットが十分に踏めていないのが気になった。

つま先をあげて体重をかけた方が音が出ない。

う~ん、つま先は上げた方がいいんだろうか。

足を置く位置は上の方が音が出ない。

練習を終えてネットで調べてみたら、つま先をあげて、足は上の方に置いた方がいいと書いてあった。

う~ん、いいんだろうか。

次回試そう。


それと、右腕の手首の回転もまだまだだ。
自分が思っている以上に激しくやる。
せっかく、思いっきり体を動かしてドラムを叩いていいと言われたのだから、遠慮はなしだ。
[PR]
by postmanda | 2008-08-21 17:46

バスドラのコツ

足がいつも足を引っ張っていた。

足が途中で震えだしてくる。

足が気になって腕の動きに集中できない。


足が出来ていない。


そりゃそうだ。

やり方が間違っていたのだった。

バスドラを叩く時に浮いた足を下ろして踏んでいた。

でも、正解は、

バスドラを叩く時に尻を後ろに出しながら足で跳ぶだった。

まったく逆の動きをしていたのだ。

でも、それだと着地時にまた踏んで叩く回数が増えてしまうだから。
着地時は、足を手前に降りるようにしてわざとはずす。そうすることで音が鳴らなくなる。

これをするだけで、音はパワフルになるし、スネアも叩きやすくなる。

何よりノリやすくて、気持ちが良かった。

また、1つコツを教えてもらっただけでドラムの叩き方がとても進歩した気がする。

まだ、後ろに向かって突くが弱いし、練習の最後の時では全然足が動かなくなっていたけど、
でコツはわかったから、後は練習あるのみだ。
[PR]
by postmanda | 2008-08-21 02:16