2008年 08月 03日 ( 1 )

過去を振り返る

車にしてもドラムにしても自分から上手になるためにどうすればいいのか探そうとしない。

受け身だ。

それは物事を習得するのにとても致命的な欠点だ。

だけど、長年染みついている癖はそう簡単に治るものではない。

そもそも、こうしてブログで振り返らないと、オレって探そうとしてないなってなかなか実感できてさえない。


先日、先生がブログで幼いころの出来事を書いた。

そういう時は自分の中で大きな変化が起きているのだと先生は言う。

先生は常に過去を振り返り、自分を探そうとしている。
何度も振り返り、自分の中のより深い部分にある記憶を思い起こそうとしている。

僕はここのところ、過去を振り返ることがさぼりがちになっていた。

ネットビジネス、車などやることが増えて、それで過去を振り返る時間を減らしてしまった。

でも、僕は直木賞を目指すために今の生活を選んだ。

小説家として生きていこうとしていることを忘れちゃいけない。

過去を振り返ることが何よりも大切なのだ。

過去を振り返り自分を探せたとき、自分の感情、思いを知り、自分の表現したいものがわかるからだ。

そして、自分を探していけば、車の運転やドラムが上達するために必要なことも探せるようになっていく。

すべては、自分の過去を振り返るに始まる。

それを忘れてしまった時が、僕が自分を見失っている時だ。

今度は、家族を中心にして自分の過去を振り返っていく。
[PR]
by postmanda | 2008-08-03 01:09