2008年 07月 24日 ( 5 )

ザ・ドリームマッチ

一昨日、お笑い番組の「ザ・ドリームマッチ」を見た。

その中で、目を引いたのが、オギ・ヤハギのオギだった。

ネタの打ち合わせ時に、南海キャンディーズの山ちゃんに任せっきり。
なんともいい加減な人だなぁと思ったら、コントの時も同じようにいい加減なキャラだった。

そのいい加減さが、なんとも自分のツボに入った。

即興で作られたネタだから雑な部分が多々見られたけど、キャラがたってるから全然気にならなかった。

ネタ作りの時間が短かっただけに、その適応力にすごいなぁと感じたほどだ。

だけど、オギのようなボケは僕には合わないんだろうなと思った。

なんでかなと思ったんだけど、

ボケって、

周りをふりまわすボケと

周りから責められるボケに

分かれるんだと思う。

オギは、ふりまわすボケだけど、僕は責められるボケなんだろう。

自分のどこが笑えるのか、自分自身わかってないと人を笑わせられない。

子どもっぽさを出そうとすると、周りをふりまわそうとしちゃうけど、そうじゃないんだろうな。

難しいことを考えずにバカになれば、責められるボケがスムーズにできるようになるかな。
[PR]
by postmanda | 2008-07-24 23:40

僕と文章

最近、僕は文章に対してどう向き合っているんだろう。

文章を書く量は、5月の時よりも減ってしまった。
文章への熱が少し下がってしまったのだろうか。

文章を書きたいという強烈な衝動に駆られない。

それはちょっとまずいのかもしれない。

こういう文章にしなきゃというこだわりも減ってきた。

それは囚われから解放されたのかもしれないし、あるいは文章に対する厳しさが減ったのかもしれない。

正直よくわからない。

ただ、1つ忘れたくないのは、文章を書いていて「楽しい」と感じることだ。

僕は最近、文章を書いていてあまり「楽しい」と感じていない。

それは自分の感情を出せていないからかな。

自分の気持ちから逃げていたら、何をしても楽しいと感じられない。

自分の気持ちから逃げずに、そして、その感情はあまり良い反応をしてないことが多いだろうから、すぐに還りみよう。
[PR]
by postmanda | 2008-07-24 23:33

せちがらいね

今日、区民税と国民健康保険税を支払った。

金が一気に飛んだ。

せちがらいなぁ、

やっぱり金が必要だなぁと思ってしまう。

いっぱいはいらないけど、食いつないでいける分くらいには稼げるようにしたい。

小説で食っていけるのが一番だけど、金を稼げるようになるまでには時間がかかりそう。

趣味とつながった方法で収入を得ながら、小説を書いていく。

これが自分に合った生活スタイルなんだろうな。

何を今更なのかもしれないけど、ようやくそう感じてきた。
[PR]
by postmanda | 2008-07-24 23:11

サイト作り

3年半ぶりにホームページのデザインをしている。

ホームページ作成ソフトを使ってやっているけれど、
こんなにも期間があくと、何をやればいいのかわからなくなっている。
だから、初めのは数時間は全然進まなかった。
機械を相手にすると、簡単そうに見えることが簡単に出来ない。
なんてもどかしいんだろう。
時間だけが消費していって、次第に焦ってきた。
比較的時間が空いている水曜日なのに、ほとんど進まずに1日が終わってしまうのか・・・

でも、マニュアル本とネットの検索でわからないところを1つずつ消していき、サイトが形づいてきた。

形が見えてくると、だんだんと楽しく感じてくる。

ものを作っているのだと実感してくるからだ。

自分のアイデア、イメージが形になっていくのがうれしいのだ。

もどかしさと闘いながらも、1つずつ問題を消していって、進めていこう。

パソコンの前で作業しているのがやっぱり性に合っている。

今はそう思えている。
[PR]
by postmanda | 2008-07-24 23:04

3連符

ダウン・ダウン・ダウンだった3連符が、重いスティックのおかげで、前より出来るようになった。
だから3連符に対する意識、もっと良くしようっていう意識が出てきた。

今が伸ばし時だと感じたのだ。ちょうど今日重いスティックも届いたこともあり。

その場で、スティックを上げてから下ろす。

そこからタップで落して、アップで手首の角度をつけて上げる。このタップ、アップの時に外側に円を描くように進むと同時に、手は常に自分を向いている。

これが3連符の動き。


それと、ダウンの手の動きも体に染み込ませる。

スティックをぐらぐらの状態で上げて、そこから小指ではたくくようにしてスティックを下ろす。
インパクトの時に手をパーにして、またぐらぐらの状態で掴む。
[PR]
by postmanda | 2008-07-24 22:57