2008年 07月 21日 ( 3 )

車の練習080721

今日は教習所で車の運転の練習をした。

教習所の車の運転をちょっと動かしだけで、先生の車にも乗りたいと言った。

でも、
まずは、車の運転の基本である止まり方や、人が歩く速度で走らせることが出来てから。
いつも安全に止まらせることができる者だけが車を運転する資格を持ち、
ゆっくり走るをコントロールできる者だけが車を早く走らせる資格を持つ。



その基本を教習所の車で徹底的に体に染み込ませてから。先生の車で練習をするのはそれが出来てからだ。

そうした順序を飛ばしてしまった。

まだまだ危機感が足りていない。

でも、今日1日、車を動かしたことで、下半身の感覚がちょっと出てきたような気がした。
体に緊張感が出てきた。

車を動かすときは常に恐れが出てくるのだけど、同時に出てくる緊張感は良いなって思った。

車を動かすことで、体の感覚と緊張感を養いたい。
その思いがとても強くなった。


今日、まだ発進のこつをつかみ切れなかった。
クラッチを多少はなしても教習所の車はエンストしないからなのだと思う。
かすかにはなすだけでいい。
そして、アクセルは親指で優しく押す程度。
クラッチとアクセルをもっと丁寧に使えるようにする。

坂道発進もまだこつをつかみ切れたとはいえない。
クラッチを早くはなしすぎている。
サイドブレーキを下ろす時には、クラッチをそのままの状態でためておく。
このためをきちんとできるようにしないと、スピードを出して坂道発進することになる。
[PR]
by postmanda | 2008-07-21 19:56

歩を学ぶ

将棋のトレーニングを再開。

サイトで攻め方を調べていると、基本的な攻めの1つで振り飛車の戦法が書かれてあった。

そこで、振り飛車の戦法を学んだ。

飛車の使い方が、将棋の基本かなと思ったのだけど、先生はそうではないと言った。

まず覚えるべきは飛車じゃない。歩こそが将棋の基本なのだと。


言われてみるとそのとおりだと思った。

一番弱いコマだけど、歩の動きがあるから、ほかのコマの動きが活きてくる。

派手な方にいきがちだけど、何が基本なのかをちゃんと見極めて、基本の動きからきちんと学ぼう。
[PR]
by postmanda | 2008-07-21 19:44

魔法のトレーニング

3連符でどうしても、ダウンダウンダウンで叩いてしまっている。
アップの時にあげて、タップの時は落とすだけなのに。
だから、早く小刻みに打つことが出来ないでいた。

昨日の練習では、いつもよりもかなり重めのスティックを使って3連符を打つことになった。

しばらく叩いて、それからいつも使っている標準の重さのスティックに戻す。

すると、箸を握っているかのように軽く感じた。まったくコントロール出来ていなかったスティックを思い通り動かせているような感覚を覚えた。

すげえ~!!

それまでまったく出来なかったことが30分ていどの短時間で出来るようになったのだ。

こんなに早く特訓の成果が出るなんて漫画の世界のようだ。

「巨人の星」で筋肉養成ギブスで練習した後の星飛雄馬、またはドラゴンボールの重力が倍ある部屋で修業した後の孫悟空になった気分を味わった。

一段階の上の負荷をかけた練習をすることで、それまで出来なかったことが出来るようになる。

基本は同じ上での1段階上の練習方法を取り入れて出来るようになろうと思った。
[PR]
by postmanda | 2008-07-21 19:39