2008年 06月 07日 ( 1 )

出来ないことを

今日から左手も右手のように上からスティックを握るように変えた。
ロック系のドラマーの多くが、そうした持ち方をしているためだ。

リズムに合わせて、決められたパターンにドラムを叩く。
左腕が滑ったりして、思うように叩けない。

先生から、4拍子の4発目が叩けていないと指摘された。

初めてだから出来ないのは仕方ない。
僕は不器用だし。
そんな思いに駆られた。

でも、出来ないものを出来ないようにするのが練習だ。

2つの真逆な思いが僕の中であった。

4回叩けるようにする。
僕は必死になった。

左手の先が動かないなら、その分も体を使ってカバーするしかない。

いつもよりも前に体を出して、的との距離を詰めて叩いた。

少し叩きやすくなったけど、それでも、4発目がなかなか叩けなかった。

でも、必死になって叩くこの姿勢が大切だと思った。

問題なのは、先生に指摘されたから必死になってなんとかしようしたことだ。

いろいろと言われるのが怖かったから。

でも、僕は他にも叩けていないことがことがたくさんあった。練習中に叩きながら実感した。それも必死になって出来るように工夫したかといえば、出来ていなかった。

出来ないことを出来るようにする。探す、工夫する。

その意識が全然足りてない。

来週のドラム練習では、出来ないところをもっと叩けるように、叩きながらこつを探していこう。
[PR]
by postmanda | 2008-06-07 19:36