2008年 04月 24日 ( 3 )

一人でやっていく力

丁寧に仕事を教えていった。
その結果、彼女はわからないことを自分から解決しようとしなくなった。考えなくなった。
僕に依存するようになったのだ。

その状況に気付き、母親が僕にしてきた子育てを思い出した。

子どもが困ったとき、代わりに親が全部やってしまう。それで問題は解決するが、子どものためではなく自分のためである。代わりにやるのが自分の思いどおりになり楽だからだ。でも、子どもは問題を解決する力が育たない。

僕がしていることは、母親と同じだった。

今ある問題を僕が自分の力で解決しているだけで、彼女の問題を解決する力を育てているわけじゃない。

僕がいなくなったあと、彼女が一人でやっている能力を引き継がせなければならない。
[PR]
by postmanda | 2008-04-24 03:37

想定していなかった展開

僕の後任の人がやってきた。
これまで、ライターの仕事をしていたと編集長から話を聞いていた。
編集業界でもまれてきて、上手い文章を書けるのだろうと思っていた。

でも、その思いは次第に壊れていく。

定時には帰れるものだと思っていた節が彼女の言動から何度か見られた。

行数が足りないので後はお願いしますという文章へのこだわりのなさも見られた。

編集の仕事を甘くみるんじゃないよとつい言いたくなってしまう。

そうした彼女の部分を拒絶している。
でもそんな思いを抱いたからといっても、どうなるっているんだ。

僕はこの編集部がこの先どうなろうと知ったこっちゃない。

でも、僕が書いてきたページの質を維持させていきたい。

不安な中、仕事をしている彼女が安心して仕事ができるようにさせてあげたい。

そのゴールに向かって突き進んでいく。
[PR]
by postmanda | 2008-04-24 03:25

いいかげんな仕事をすんな

久々にすんげえ腹がたった。

ブログを投稿したのに更新されなかったのだ。
エキサイト側が今朝の朝9時までメンテナンスをしていることは知っていた。
だから、その後の時間まで寝かせてから投稿したのに、メンテナンス延長の答えが帰ってきて、僕が投稿したブログは消えてしまったのだ。
2度続けて更新したから2回の更新がパーだ。
その後も投稿しているから、今日の出来事の展開がめちゃくちゃである。

これほど腹立たしいことはない。

遊びでブログを更新しているわけじゃない。これも仕事の一環だ。
いいかげんな仕事をすな!
[PR]
by postmanda | 2008-04-24 03:12