2008年 02月 17日 ( 2 )

歌でためる

歌にためができた?

新座でボイトレのときに気付いた。常に一定じゃなくて、波、緩急をつけられた気がした。ちょっぴりだとしても0から1なら大きな変化だ。

右手でスイングしながらのシャドードラムをしながら、リズムをとって歌ったのが大きかったかもしれない。

体でリズムをとると、何をすればいいのかまったくわからなかったのが、ほんのちょっとだけわかってきた。
これは勘違いじゃないよね、ねっヒデミ先生?
[PR]
by postmanda | 2008-02-17 21:25

ドラムメモメモ

やっぱり、ドラムの的1つを叩いているだけと、本当のドラムを叩いてるのでは、
楽しさもやり応えも難しさもぜんぜん違う。

先生のアドバイスもいくつかわかったことがある。

まず、左足のアクセル、ブレーキング理論は、間違ってた。
そもそも左足は、踏むのではなくて、ジャンプして離すものだった。
また、左足がリズムの「始動」になる。

右手は、親指と人差し指でつかむ。この2本の指でダイナミックに動かしたほうがいいらしい。

最後は、自分が気づいた点。

始動は左足。そのときに右手で1度叩く。そのあとに2回連続叩きのときは、首でリズムをとるのがやりやすい。
だから、意識の流れは、「左足を一度動かす→首を2度(合計3度)動かす」になるのだ。

といったところを意識して明日にトレーニングに臨もう。
[PR]
by postmanda | 2008-02-17 00:53