2007年 11月 26日 ( 1 )

終わりは次のスタート

プロジェクトを成し遂げたのに、達成感がない。そりゃそうだ。満足いくまでこだわれなかったことを悔やんでいるのだから。
後悔の念にほんのちょっと苛まされるオレ。それとともに、少し戸惑ってもいた。
これから先どうすればいいのだろう・・・

次向かう先が見えてこない。
でも、やるべきことは結構溜まっている。
何から手をつけるべきか。何に一番重きを置くべきか。
焦るときではないのだが、迷いがあるのはとても嫌だ。
いつも迷ってばかりいるだけに余計にね。

そんなオレに、先生は「プロジェクトのことを振り返り、浅かった部分を反省して、次は深くする覚悟を決めるんだ」と言った。
1つの終わりは、次のスタート。

今の仕事は、次につながるための仕事。すべては成長のために。だから、失敗してもいいし後悔してもいい。
明日から新たなる闘いを求めて突き進むぜ!


プロジェクトへの反省
・ページのデザインが地味。ださい。→もっとスタイリッシュにしたかった。そもそも、デザインをデザイナーに丸投げしている時点で終わってる・・・orz
・奇麗ごとが全面的に出た誌面の内容。→担当者の悪い癖が出てしまった。奇麗ごとなど、つまらん。それよりも体験談の方が、実際に動いた結果報告なのだから面白い。
・特集で妥協しまくり→文章に各方面から指摘が入り、直していくうちに文章に自分らしさが消えた。文章に込めた意図も薄まっていった。相手の赤をうまく取り込む調整力のなさゆえに・・・。
メイン写真も顔への指示をもっといれるべきだったよなぁ・・・。リスクを背負うことから逃げてしまった。ついでに特集のデザインもスタイリッシュじゃない。出来上がったデザインに編集部側の意向を伝えたところ、スタイリッシュな部分が消されてしまった。これも調整ができなかったからだ・・・。
[PR]
by postmanda | 2007-11-26 01:12