2007年 09月 17日 ( 1 )

考えて攻める

たくさんしなくちゃいけないことが溜まっていて、でもやり方がよくわかってない。
でも、先輩からは考えて動けって言われたこともあって、なかなか聞くこともできなくて…・・・。
どんどん追い込まれてしまって辛いです。
仕事での悩みを先生に打ち明けた。
すると、先生は
「コウキの中で逃げる気持ちが出ている。失敗をする覚悟を持つことは、逃げない意思を持つことだ。それは、失敗してもいいやというやけくそでもない」
オレは今、逃げモードになっている。
腰がひけている。
先生のいうとおりだ。
それから先生は、将棋を例に出した。
「昨日、将棋を打ったが、コウキは考えて攻めるができるようになってきている。以前は、考えずに闇雲に打っていたのにだ。会社でも同じこと。会社で考えて攻めるを実践していくんだ」

分からないことがたくさんだ。

でも、考えて動かなくちゃ、そこを怠ると相手から指摘される。

それで動けなくなっているオレがいる。

だったら、先生のいうとおり、

考えて攻めるをやる。

今オレがぶち当たっている壁であり、その壁を乗り越える答え。

それが、

考えて攻める。

仕事の悩みがあったから、単純なことなようで、今まさにしなくえちゃいけないことだってことをすぐに受け止められた。

人間の成長の段階は次のとおりだと先生は言った。

①考えずにふりまわされる

②考えずに攻める

③考えて攻めを覚えだす

④攻め手を増やしていく

⑤守りを覚えだす

⑥攻めと守りが一体であることを覚えていく

⑦攻めと守りが上手になる

オレは将棋だと、考えて攻めを覚え出してきた。でも、仕事だとまだ②の考えずに攻めるから、③の考えて攻めを覚えだすの中間だと先生は言う。

これからは、考えて攻めができるようにならなければならない。

それができ始めたとき、相手との駆け引きが初めて成立する。

これまでは一方通行の日々だった。

でも、これからは相手との駆け引きを楽しんでいきたいと思わなきゃ。
[PR]
by postmanda | 2007-09-17 02:21