首をひねる

タイムを聞いた瞬間、僕は首をひねった。

27秒4。

ベストタイム。しかも、0.8秒も更新だ。

だけど、このときの僕の走りはとてもちぐはぐだった。
この日、最低の走りだといってよかった。

それでも、ベストタイムが出てしまった。

この日は、地面の状態が悪くてなかなかタイムが伸びなかったというのに。

いつもより踏んでいた。体が動いたから踏んだ。その分ちぐはぐな走りになったのかもしれない。
無駄なところがたくさんあったということは、それだけ伸びる余地がいっぱいあるということ。
次回は、26秒いくかもしれないし、車をコントロールできずに事故を起こすかもしれない。

ひとついえることは、コーナー手前で減速をしっかりすること。
それさえ出来れば、タイムは伸びるし、事故の確率も減らせる。

コーナー手前での減速。
これが無意識にできるようになったとき、タイムはさらに縮むはずだ。
[PR]
by postmanda | 2009-05-30 01:57


<< ばくばく 雨の中 >>