事故

仲間が事故を起こした。
去年の年末に続いて2回目。

目の前で初めて見た。

車が暴走して、こちらに向かってきて、そしてインプレッサに衝突し・・・。

日を追うごとに、ダートの練習の怖さを感じてくる。

運転をミスしたら下手したら死んでしまう、危険性がある。
命が助かっても多くのお金が吹き飛んでいく。

怖いことをしているだと、自覚はあっても、その自覚は弱かった気がする。

事故を起こしたくなかったから慎重に運転しようと心がけていたけれども、浮ついた気持ちがなきにしてあらずだ。

もっと緊張感を高めないと、自分もいつか大きな事故を起こすかもしれない。

事故は、判断ミスから起きる。

たった1つの判断ミスが大きな事故をまねく。

それだけ集中力、緊張感が問われる。

ダートはとても危険だ。
今回の件でその思いが一気に増した。

それでも、僕はまたインプレッサが治ったらダートをする。

今の現状に満足していないからだ。

自分の能力を高めることを望んでいる。

今を変えるために、今の現状に満足していてはいけない。

今を変える行動を起こしていきたい。

そのためにも自分の責任で判断していかないと、何もかもを。
[PR]
by postmanda | 2009-04-03 21:46


<< 柔らかむ 点検 >>