判断

仕事で、間違いを指摘される。
そんなとき、半分は過去のものを見てそのままやってしまっている。
そのままほど楽なものはない。
過去がそうだから今回も。
一応は理由として成り立つ。
でもそこには自分の判断ない。
そう、自分で判断を放棄してしまったために間違いが起きているのだ。

楽をしてはだめなんだ。
自分で悩まないとだめなんだ。

もう過去のデータに頼る段階じゃないのだと思う。

自分で判断していく段階にきたのだと思う。

そして、生きていくということは、判断を積み重ねていくということ。

判断をすれば、失敗も成功もなくなる。

失敗を次に活かせるからだ。

判断をしなければ、また次も同じ間違いを繰り返しがちになる。

判断をしなかったばかりに、直観が磨かれないからだ。

失敗してもいいから、判断したら自分をほめよう。

判断する責任から逃げなかったのだから。
[PR]
by postmanda | 2009-02-17 22:40


<< 事前の準備 上がる時は加速する時 >>