1か月

新しい職場に勤め始めて、もうすぐ1月が経とうとしている。

出勤初日は、かなり眠い状態で職場に出てしまった。
前日が車検の日でどたばたしていて、あまり休めていなかったこともあるけれど、仕事に対してのやる気があまりなかったのが正直なところ。
そして今はというと、
お偉い人たちを抜かすと、自分が一番早くに出社して、そして、終業時刻になった後も、バスが来るまでの間、残って一人仕事のおさらいをしている。

仕事を順調に学んでいるのか、遅れているのかは、分からない。

ただ、そこまで熱く仕事に取り組むようになったのは、
出来ていなかったところがあると、直したい。
そうした感情が強いのだと思う。
今は研修期間中。
問題点をたくさん出して、そして、解決するように励む。
今の期間をそう解釈している。

なので、問題点や間違った箇所があれば、次はどうしたら防げるのか、取り組んでいるから、早めに仕事が終わろうとなかろうと、終業時刻が過ぎても、復習に勤しんでいるのだ。

それもすべて、間違ったら、悔しいという感情があるからなのだと思う。
だから、次は間違えないようにしようとしている。

先週から仕事量が増えて、時間に間に合わせるための取り組みをやってみた。
それで時間内に終わるようになり、次は何をすべきか振り返ってみると、
今日、やったことの復習に時間を割くことが大事なんだと改めて思うようになった。
基本的なことだけど、そこを怠らないことが、仕事を覚える一番の近道のはずだ。

間違ったら徹底的に直す。

それだ。
[PR]
by postmanda | 2009-02-04 07:30


<< 太宰作品 満足と問題点 >>