苦手なタイプ

いつも仕事を教えてくれる社員の人が休みだったので、違う人が担当としてついた。
これで担当になった社員は3人目だ。

朝の会議で仕事内容を発表することになっているので、その内容のチェックを社員にお願いした。いつもの流れである。
でも、その社員は、いいよいいよ、会議が終わってからでと言う。僕は自信ないんでと言って再度お願いした。
会議でとんちんかんなことを言って、恥をかきたくなかったためである。
会議まで時間がなく、急ぎ足だっただめに、間違っている部分の説明を十分に理解できなかった。
きちんと仕事を覚えるのなら、会議が終わってから間違っている部分を教えてもらった方が身にはなる。社員の判断はあっているのだと思う。
でも、やっぱり恥はかきたくないものだ。

午後になって、また社員にチェックをお願いしたところ、仕事の進め方が違うと指摘された。
でも、その進め方を僕は知らなかった。いつもの担当社員から教えてもらっていなかったのだ。
その後でチェックしてもらい、間違いを説明してもらったのだけど、あまり頭に入らなかった。

混乱?
動揺?
ふてくされ?

いろいろとあるのだとは思うけど、

嫌だなぁ・・・。
といった意識がとてもでかい。

何が嫌なんだろう。

いつもと違う。

それだけなのか?

もっと、単純に考える。

ああ、なるほど。

僕にとってその社員は、どうも苦手なタイプなのだ。

いつもの社員は、基本的に自分でやってしまうタイプ。あまり僕にやらせずにどんどん答えを言っちゃうのだ。だから、僕はとても楽だ。答えを教えてくれるから間違いも少なく、早くに仕事を終わらせることも出来る。その社員に依存しちゃえるわけだ。人に依存しがちな僕としては、まあまあ仕事がやりやすかったりする。時間に余裕があるから、おさらいも時間かけて出来るし、その時は自分のリズムで仕事が出来る。あまり答えを言わないでよと苛立つ部分もあるけど、楽なものは楽だから、悪くはない。

その次に見てくれた社員は、出来るだけやらせるタイプ。だから質問をしても、自分で考えてみようと優しく突き放された。でも、その分フォローもしっかりしてくれて、時間内に終わりそうになかったら、手助けもしてくれる。そのへんはきちんと計算しているし、休憩に誘ってくれたりと、計画をたてて育てようとしてくれている。フォローしてくれることは分かっているのでこの人のやり方に依存して、安心して自分のリズムで仕事が出来る。

今日、見てくれた社員は、放任主義。引っ張ってくれるわけでもなく、相手の思い、事情を汲まずに間違いをずばずば指摘する。教えてくれないのに、間違いだけ指摘されることに、抵抗を感じてしまう。
そのさまは自分の父親を連想してしまう。だからなのだろうか、苦手なタイプだなぁと思ってしまうのは。



今日の仕事をすべて終えて、最後また見てもらうことになった。
また、間違いをいろいろと指摘される。
こんなに指摘されるのは、この人だけだよなぁと思った。

でもだ。
本当は、僕は間違いに対する指摘を求めているはずなのだ。
なぜなら、僕は答えを知りたいからだ。
これまでの社員は細かいところまでは、間違いを指摘しないでいた。
僕はいろいろと迷っている部分もあったので、拍子抜けを感じたりもしていた。
だから、迷いを消すために自分から積極的に質問していた。

今日の社員の人は、ここはこうだと断言する。
その断言は僕の中から迷いを消してくれる。
それはとてもありがたい言葉なのだ。

2度目に見てくれた社員の人がこう言っていた。
「今の時期はどんどん間違いをしてもらう。間違った方が覚えるからね」

だとしたら、出来るだけ一人でやらせて、間違えさせて、その間違えを指摘して正解を教えるやり方は、理にかなった教え方だと思う。

だから今日、見てくれた社員の人のやり方が、一番、成長する指導なんじゃないのかな。

と思えてきた。


間違いをどんどん指摘されるのが嫌だったり、引っ張ってくれないことに不満を感じるのも、自分の甘えだし。

とはいっても、苦手なタイプに変わりはないんだよね。

いろんなタイプの人と付き合えないとなぁ。
[PR]
by postmanda | 2009-01-20 00:05


<< 何を特訓すべきか 今は仕事を覚える時期 >>