2度目の峠

峠に走りに行った。
これが2度目の挑戦。

前回は、山道のカーブに対応出来なかった。帰りで、常にハンドルを細かく回して調整するやり方を学んだけど、それでも山に対応出来たわけじゃない。

そこで僕は、今回2つのテーマを掲げた。

アウトインアウトと、コーナーでの積極的な減速だ。

アウトインアウトは、コーナーで外側から中に入って、また外側へと出ていくライン取り。これを行うことで、自分の走るコースを緩やかに出来てコーナーの恐怖を減らせる。特にきつめのカーブで有効なのだと思う。

ただ、きつめのカーブだと、十分に減速したり、シフトダウンする必要がある。カーブ直前で足さばきが忙しくなるのだ。だから、初めのうちはやれる余裕がなかった。何度かカーブを曲がっていくうちに少しずつアウトインアウトを意識しはじめる。
段々とその動きが出来てきて、コーナーの中を走れるようになってきた。

この日は、とにかく安全に走ろうと思った。
峠の走りってものを僕は全然知らない。
知らないってことは、無謀な運転になりがちだ。
今大切なのは、峠を知ること。そして、自分に足りないものを試すこと。
だから、少しでも危ないと思ったら、シフトダウンしたし、積極的にブレーキも踏んだ。
おかげで、運転の危うさはだいぶ減ったけど、その反面、スピードは思ったほど出せなかった。
上りでは、2度酋長からおいてけぼりを食らったし。

カーブ走行中のアクセルの踏みが足りないし、きつめのカーブだとまだラインから出てしまう。

このあたりをなんとかしないといけない。

それで、酋長からのアドバイスもあり、帰り道は、助手席でインプレッサ兄弟の兄貴であるRの走りを目で学ぶことにした。

そこで目にしたものは・・・
[PR]
by postmanda | 2008-12-01 19:02


<< 送りハンドル ドリフト仕様 >>