ドリフト仕様

先生にドリフト仕様にインプレッサの調整をしてもらった。

運転してみると、ハンドルがとても軽くなっていて、特有の硬さがとれ、スムーズに回ってくれる。

今日は急な右回りのカーブがある道を走った。

右のカーブでは、先生に教えてもらったアウトインアウトを意識。
すると、カーブを曲がる怖さもだいぶ減って、その上すぐに加速に移れた。

カーブに振り回されるもどかしさが減ったおかげもあって、少し楽しさも感じられるようになった。
とはいうのものの、もしかしかたら反対車線にはみ出ていたかもしれない。
まずは反対車線にはみ出ないこと。
上手なライン取りが出来るようになるためにもまずは十分な減速を心がけよう。

それと、ギアチェンジのコツがちょっと分かったかもしれない。
これも荷重移動が出来るてるかどうかだ。
クラッチを踏む時は、左足に荷重されるし、アクセルを踏む時は、右足に荷重が移動する。
右足に荷重されれば、クラッチをはなすのもスムーズになって丁寧に半クラッチ状態に入れるはずだ。
[PR]
by postmanda | 2008-11-28 14:17


<< 2度目の峠 覚醒終了 >>