熱いお湯を受け入れる

お風呂でもっともっと気持ち良くなる方法を見つけた。

熱いお湯に入ると、お湯の熱さに抵抗しようと、耐えようとつい筋肉が強張ってしまう。

もちろん、熱いお湯で筋肉がほぐれてはいるのだけど、お湯の熱さをすべて受け入れられているわけではない。

でも、その時に、風呂の縁に首の後ろ辺りをつけて左右に動かす。

すると、筋肉が緩んでお湯の熱さを受け入れられるようになる。

お湯と一体化したかのようで、

とても気持ちい~のだ。

ヘブンな状態なのだ。

この時の感覚を忘れずに。
[PR]
by postmanda | 2008-10-27 02:18


<< ダブルクラッチとヒール&トゥー 高速道路 >>