新たな運転テクニック

昨日、先生からもっとアクセルを踏めと何度も言われた。

僕はなかなかアクセルを強く踏めなかった。

アクセルを強く踏んで、車のコントロールが僕のキャパシティを超えることを恐れて。

分かっていたことだ、それが自分勝手な運転であると。

交通の流れを無視した運転は、周りの車に迷惑をかける。

それでも、初心者だからと自分に言い聞かせて、無茶をしないようにしていた。

衝突事故は、あっけないほど簡単に起きる。

いけるだろうと思った自分の判断は、恐ろしいくらいあてにならない。

雑でいい加減な判断だからだ。

だから、無茶な運転をしないように心がけることにした。

でも、それは自分を甘やかした運転でもある。

交通の流れを乱しちゃだめなんだ。



僕はアクセルを強く踏まない運転をしていた。

それは、事故を恐れていたから。

そして、もう1つは、

同乗者から馬鹿にされない運転を意識していたから。

車をぎこぎこだけはさせたくなかった。そうなるくらいなら、ゆっくりとした運転でもいいから慎重に運転しよう。だから、僕はアクセルを踏まなくなってしまった。


昨日はそうした運転が許されなかった。

僕は、何度も駄目だしされ、いくつもの課題を出され、いくつかのテクニックを伝授された。

新しいテクニックの1つは、アクセルを何度も踏みながらタコメーターを2000前後まで上げながら、クラッチをはなしていく発進のやり方。
もう1つは、ギアチェンジの時に、アクセルを一度踏んでタコメーターを上げてから、クラッチをつないでいく方法。

発進とギアチェンジで意識することがさらに増えて、どんどん疲れが増していった。

でも、おかげで帰りには、アクセルを強く踏めるようになっていけてた。

難しいことにチャレンジしたおかげで、運転技術がどんどん底上げされていく。

そして、新たに教えてもらった2つのテクニック。まだ、上手には出来ないけど、でも・・

ドライブする世界がどんどん変わっていく。

一般とは違うテクニックを駆使したドライブだ。

一般とは違う・・・

9年間ペーパードライバーだった僕が・・・・

2か月前まで発進の練習をしていた僕が・・・

走り屋の世界に入ろうとしている・・・


僕は覚悟を決めなければならない。

自分を甘やかさない運転をすることを。

今でも、車の事故は怖い。

無茶な運転をしないと心がけることは大切だ。

でも、無茶をしないが自分を甘やかすになってはだめだ。

常に集中して運転する。そして、無茶をしないレベルで全力を尽くす。



新しい発進の方法は、仮にドリブル発進と名付けるとする。アクセルをドリブルのようにダムダム踏むからだ。
このドリブル発進は、アクセルを何度も踏んでいってタコメーターを2200くらいまで上げれるようにする。
何度も踏むことでメーターは上昇していく。でも、2200を超えてはならない。
ということは、アクセルの踏み加減が最初と2200のキープ時では変わっているのではないだろうか。
メーターを上げていく踏み方と、メーターを維持する踏み方だ。
初めから最後まで同じリズムでアクセルをドリブルしようとすると失敗する。

どうかなこの仮説は・・・

もう1つのテクニックの名称は、仮に神の1足と名付けるとする。この神の1足では、アクセルを1発踏む時の加減がまだ分からない。
強めに踏むと、ぎこぎこしてしまう時があった。ただ、これはクラッチのはなしが早かったのが原因かもしれない。アクセルを弱めに踏むと、ぎこぎこはあまりしないけど、ただアクセルを踏む行動にそれほどの効果は出ない。

まずはぎこぎこなることを恐れずにアクセルをぼんと踏めるようになるのが大事かな・・
[PR]
by postmanda | 2008-10-17 01:51


<< 面接 親指と足首2 >>