足首と親指

意識している時は上手くいかない。
意識しくなった時、上手くいくようになる。

今日、車の運転をしている時にそう感じた。


足首を使うのではなく親指を曲げてアクセルを踏むのだと、思い込んでいた。

だけど、親指だけ曲げることがなかなか出来ない。左は膝ごとすっと上げるのに、右は親指だけ動かす。そのアンバランス差がどうも受け入れられなかった。
だから体が自然に動けなかった。

そして今日、意識をせずにアクセルを踏んだ時、僕は間違っていたんじゃないかと思った。

僕の右足は、足首が動いて次に親指が曲がってアクセルを踏んでいた。
足首と親指の連動だ。
とても自然な流れだった。

思えば、ドラムでも肩を使うことが大切だと言われても、実際は肩だけを動かすわけじゃない。腰、肘、肩と連動した動きがある。

だから、親指を使ったアクセルの踏みこみも足首、親指の連動が正解なんじゃないかと思った。

もちろん、もっと先をいった正解はあると思う。でも、この考えでアクセルの踏み込みが一歩先の段階にいけるんじゃないか。

今日は初めての道や夜の運転だったから、慎重にを心がけてあまり試せなかった。

明日から、早速試してみよう。

そして、足首も体操のメニューに追加だ。
[PR]
by postmanda | 2008-10-13 01:45


<< 息が止まるときは お腹の硬さ >>