親指を曲げる

ギアチェンジの時、親指でアクセルを踏みこめるようになってきた。

でも、まだ大きな問題が残っている。

親指で踏んではいるものの、その時足首を使いがちなのだ。

そうじゃなくて、親指を動かしてアクセルを踏まないと、加減が効かない。

つい、足首を使ってしまうのは、親指を曲げようとすると、踏み過ぎになりがちだから。

まだ力の加減が出来てないのだ。

足首で踏もうとすると、コントロールが利きづらいから、つい体が強張ってしまう。逆に親指を曲げるととても楽にギアチェンジが出来る。右足は親指を動かしているだけなのだ。フォームが全然乱れないのである。

楽~に、楽~に。

足の操作でとてももどかしい思いをしているけど、車って脱力して運転できるはずなんだ。その時に、エクスタシーを感じる運転の門が開けるはず。

楽~に、楽~に。
[PR]
by postmanda | 2008-10-10 23:23


<< お腹の硬さ 丁寧に扱えない >>