ギアチェンジ

ギアチェンジが上手くいかないなぁ・・・。

昨日の運転でずっと模索していた。
朝の11時から車を出して、夕方5時までの間、ほとんど車で運転しっぱなしだった。
その間、ずっとギアチェンジの綺麗なやり方を試していた。

でもその日もギアチェンジのこつをつかめなかった。

家に帰り、ネットでギアチェンジのこつを探した。

ぎこぎこしないギアチェンジの仕方をするのなら、アクセルを踏み、そして、クラッチの半クラッチ状態を長くすれば済むことだ。

だから、サイトによっては、半クラッチを大切にすべきとしているところもあった。

でも、それだと、クラッチが消耗してしまって長く持たない。

理想は、半クラッチなしでつなぐこと。

それには、エンジンとギアの回転数を一致させないといけない。

多くのサイトでそう書かれていた。

最近続けて運転をしていて、その理屈をすんなり受け入れられつつある。

先生は、「クラッチをぽんっとはなすのではなくて、すうっとはなせ」と言っていた。

すうっとはなす。でも、その前にアクセルを踏む必要がある。

アクセルを踏めたら、すうっとはなしてもぎこぎこしない。逆をいえば、アクセルを踏めなかったら、ぎこぎこするのだ。

クラッチをつなぐ前にアクセルを毎回踏めるかがキモだ。

それには、親指で必ず踏めるようにならないと。

今日は、何度かギアチェンジで綺麗に加速の流れを作れた。
とても気持ち良かった。すうっと加速出来た。加速のためのギアチェンジが出来た。
ギアチェンジの前後でもったりしてしまうマニュアル特有の歯がゆさがまるでなかった。

この感触を忘れちゃいけない。
[PR]
by postmanda | 2008-10-10 00:24


<< 余裕と油断 戻す >>