車の運転の練習08.09.29

あした、町田まで車で向かう。
車はインプレッサ。
運転するのは僕だ。

だから、今日は車の運転を練習した。

だけど、最後までしっくりこずに練習が終わった。

椅子の位置を変えて生じた違和感が最後まで気になってしまった。

その違和感に一番影響を与えたのが右足だ。

右足の位置がしっくりこず、微妙な動きの調整ができなかった。

だから、なかなか右足が動いてくれない。
意図したとおりに全然動いてくれない。

右足が思うように動いてくれないだけで、たちまち運転がダメになってしまう。

今の僕の運転では、右足が特に重要なのだと実感した。

運転が右足次第なのだ。


最近は運転に体が慣れてきて、自然と動いてくれるようになってきていた。

でも、今日はその反応が鈍くなっていた。迷いというやつだ。

練習の最後の方はましになってきたけど、それでも運転中に修正しきれなかった。

体が自然と反応をしない。

それはとても気持ち悪いこと。

このまま問題を残したまま、終われない。

そう思って、運転が終わった後も車の中でアクセルを踏み加減とクラッチ操作のバランスを調整し続けた。

どうすれば、右足が丁寧に動くのか。

アクセルはとてもデリケート。

だから、右足も丁寧に動かさないといけない。


それと、カーブを曲がるとき、ブレーキといっしょにクラッチを踏む癖がついてしまっているかもしれない。
カーブでは、曲がる前で十分に減速して2速にギアチェンジ。そこから曲がる途中でアクセルを踏むことを意識してやってみよう。
[PR]
by postmanda | 2008-09-30 00:34


<< 坂道 希望 >>