勉強中

インプレッサを運転したときの感触がいまだに忘れられない。

あの快感が忘れられない。

それと同時にインプレッサを運転したときの怖さも離れない。

重く、でかく、敏感なインプレッサ。運転しても振り回されっぱなしだ。

ちょっとでも気を抜くことが出来ない。

運転の気持ちよさと怖さをいつも天秤にはかっている。

気持ちよさも怖さも徐々に上がっている。でも、最近は気持ちよさの方が怖さを上回ってきている気がする。


今日、車の本を何冊か買った。

ギアのタイミングは少しずつ分かってきているけど、それ以外のこと、狭い道での車のすれ違いの対処の仕方や、駐車方法、カーブでの運転の仕方とかわからないことばかりだ。

失敗して学ぶには、失敗の代償が痛すぎる。

まだインプレッサを乗るには僕の運転技術は未熟だ。

足りない部分は勉強して補う。
今は運転技術を伸ばしたい気持ちでいっぱいだ。
多分、この気持ちに偽りはないと思う。
[PR]
by postmanda | 2008-09-23 01:45


<< 呼吸法 腰と足 >>