大切に生きる

今朝、起きたら、また体がだるかった。

10時間起きても体はだるいままだ。

僕は朝の合同ドラムトレーニングを休んだ。


昨日の運転がきいているんじゃないかと思った。


初めて、車道を走った。

その体験を経て、体が変わろうとしているんじゃないのか。


布団で横になりながら、僕は家族のことをふと思い出した。

不登校になった僕は、いつも一人で家にいた。


誰も僕が不登校である問題に目を向けようとしなかった。

この家族は、現実の問題に目を向けようとしない。

みんなが自分の世界にこもっている。

現実が僕の家族には存在しないのだ。

僕は涙した。

僕は無力だった。何も考えず、知らず、自分の心を守るので精一杯だった。

僕は変わらなければならない。

殻を破らなければならない。

そのためにはもっと過去を見つめなければならない。

そして、今も直視しないと。

過去の体験も今の体験も僕にとって貴重な財産だ。

過去と今を見つめることが、振り返ることが、大切に生きることだと思う。
[PR]
by postmanda | 2008-08-27 22:57


<< 引っ越しの手伝い アルトワークスがきた >>