間違いを正す、間違いを探す

僕は自分が間違ったことをしても家族の誰もおかしいと教えてくれなかった。
怒られるときは、むかつかせた時だけだ。
間違いを直すのではなくて、感情をぶつけられるだけだった。
僕は何が正しくて何が間違っているのか、判断が出来ない子どもに育った。
自分から探さないのだ。


先週末、音楽事務所に足を運ぶと、アンちゃんがしかられていた。

なんでしかられていたのか、僕はわからなかったけど、ここには間違いを正そうとしている人たちがいた。

こうして正しいやり方を覚えるんだなって思った。
[PR]
by postmanda | 2008-08-08 02:08


<< 何のためにやる 僕のジョルノ >>