守秘義務

守秘義務に反したことをしてしまった。

守秘義務とは、業務上知った情報を他に漏らさないことを守る義務のこと。医師や弁護士、カウンセラーなど業務上個人の秘密を知りうる立場にある仕事には厳重にこの守秘義務が徹底される。公務員や国家資格を合格してなる職業については法律で守秘義務が定められている。企業に勤める社員に対しても就業規則などで守秘義務が徹底されている。プライバシー保護法などの成立などからも個人情報の保護が重要になっているのが時代の潮流というのが分かる。

企業同士の交渉や業務提携を行なう際には、秘密保持契約書(NDA : Non-Disclosure Agreement)などが交わされお互い守秘義務を負う。

(ALL ABOUT 転職・キャリア用語集より)


仲間と進めていた企画の中身を第三者に伝えてしまった。

守秘義務に反したことをしてしまった。

正当な理由なく職務上知り得た情報を漏らした場合、処罰されることもあるのだという。

行動が軽率すぎた。
警戒心がなさすぎた。
世間を知らなすぎた。

僕は馬鹿だ。

軽率な行動をして、企画を台無しにしてしまいごめんなさい。
協力してもらったこと台無しにしてしまってごめんなさい。
[PR]
by postmanda | 2008-08-04 02:12


<< ばきばき 過去を振り返る >>