ドラム合同練習08.7.27

この日は重いマイスティックを持参して初めての合同練習。


スティックを落としたら、リバウンドを拾う。
そのとき、リバウンドの動きに合わせて、体全体を使う。

手首にきていた負担がほとんどなくなった。
肩や腰へと分散していく。
これだと叩いていてしんどくない。
いくらでも叩けそうな気になれる。


それをずっと繰り返してから普通のスティックを使ったら、また一段とスティックが軽く感じられた。

思い通りに動いてくれる感覚があった。

すごいなぁって思った。びっくりした。

でも、6パターンを叩こうとしたら、上手く出来なかった。

小さな動きで叩けばいいのに大きく動こうとしてしまう。
まだまだ力みが体にあるから、大きく動いて勢いでごまかそうとしてしまう。

また4拍子もばらばらでつながらない。
これはアップが出来てなくて、アップと同時に右手が次の的に移動してないからだ。

合同練習後も、ドラムを叩いて問題点をおさらい。
多少ましにはなったけど、問題点は残ったまま。

問題点を自覚しておこう。
[PR]
by postmanda | 2008-07-27 10:52


<< オンとオフ 重いスティック >>