ドラム練習08719

スティックをコントロールしてはいけない。

スティックの動きに手を合わせる。

それがスティックさばきのコツだ。

それは人間に同じであって、人をコントロールしようとすると、反発される。

人に合わせることが大切なのだ。



昨日、リズムに合わせてドラムを叩いたけれど、音を大きく出してはいけなかったので思うように叩けなかった。

いつもは勢いでスティックを動かしていたけれど、スティックをコントロールしようとしていたんだとわかった。

小さい動きを意識すると途端にスティックが動かなくなる。

スティックに合わせることが下手なのだと強く実感した。


それと、3拍子のアップでは思いっきり手首を上げることを意識する。
[PR]
by postmanda | 2008-07-20 12:29


<< 魔法のトレーニング 地図 >>