シンプルに

わっしょいの掛け声でスティックを上げる。このとき、親指と人差し指の付け根でスティックを持ち、そのほかの指はパーに開く。次にスティックをダウンさせて小指でにぎる。

今日、先生がドラムのスティックを軽く動かせるようになる練習を教えてくれた。

練習を続けるも、手がなかなかきれいにパーにならない。

とてもシンプルなことを難しくやっているからだと感じた。

実感してもなかなか直らない。継続して直していく。
[PR]
by postmanda | 2008-07-17 03:53


<< 腰でドラム 小泉純一郎 >>