物事に終わりはない

新座に引っ越すのが決まってから、将棋を指さなくなった。

このままテレビゲームで将棋を指していても限界がある。
今後はネットで調べて研究しないとだめだ。

そんな決心を持つと同時に僕は将棋を指さなくなた。

きばってやらないダメ、
毎日やらないとダメ、

そうした強迫観念的な思いを将棋を指さない理由にしたのだ。

将棋を打つのはこりゃしんどいわって。

でも、一生将棋と付き合うのだから、毎日続ける必要もない。きばってやる必要もない。
力を入れてさせる時期もあれば、暇を見つけてやる時期もある。

暇なときの将棋を指そうのノリでいいじゃないか。

継続は力なり。

物事に終わりはないんだ。終わりはその次の始まり。

だから、
脱力して将棋と付き合っていこう。
[PR]
by postmanda | 2008-07-15 17:42


<< 緊張感 見捨てられる >>