ドラム自主トレ08・7・12

ドラムの練習をしているところに、ヒデミさんが来たので、ちょっと見てもらった。

タップのときに手首が外にいくのが甘い、

といったことを言われた。

言いたいことはわかるのだけど、思うように出来ない。

自分の中で、ドラムをたたくときはこうすべきだという意識があって、それを守るために、出来ないのかもしr内。

そのルールを守るために自然と体が拒否反応を示すのだ。

手首を自分に向ける。そうすれば自然と、手首はタップアップ時に外に向かっていく。

特にタップ時に手首を思いっきり曲げてしまう。アップの時は、手を挙げるだけ。

でも、そうすると肘が開いてしまいそうな不安がある。

そんな不安を解消するためにまた明日叩く。
[PR]
by postmanda | 2008-07-13 01:13


<< 久しぶりの将棋 男のロマン >>