ドラム練習08/07/03

ヒロミさんが腰だとリズムを取りやすいと教えてくれた。

試しにやってみると、リズムにのりやすかった。

肩だとスピードが間に合わないけど、肩を動かすには腰が始動となる。

だから、腰を動かせば、肩もちょびっとだけ動く。

腰を動かせばそのエネルギーが連動して肩に行き、さらに手首に向かっていくことになるはずだ。

それから、1・2・3・4と口ずさみながら叩いた。1で一発。2で2発叩く原理だから、1・2・3・4のリズムをベースにできるはずだと思った。

タップとアップの音が小さいことも気になった。
ダウンのあと、小指を離して、親指と人差し指でわっかを作った。そうすることでスティックを握らない状態に近付くから、弾みが大きくなる。あとは、手首の角度を思いきり上げればタップとアップの音が大きくなる。

ベースの音は、後頭部の鼻の高さの位置で響くやすいと思った。
[PR]
by postmanda | 2008-07-03 17:27


<< 裸眼生活 出来ないこと >>