お馬さん

ドラム合同練習は、今日は足の練習。
先生からの指示は、
親指でジャンプ。かかとはつけない。

「踏む」のではなくて、足を「離す」。

実際、やってみると音がなかなか出ない。

「踏む」になるのを恐れるているからかなと思った。

親指に体重を乗せれば、音は鳴る。

けつで椅子をついて、親指に体重をのせる。

こうすると、お馬さんに乗っているような動きになり、楽にできるようになる。

今はまだその感覚をものにできてないから、余計な動きが多い。

けつで椅子をついて、親指に体重をのせる」を徹底してやって、その感覚を体にしみこませないと。
[PR]
by postmanda | 2008-06-21 23:49


<< 自分の歌声 自分を守るから >>