左肩とペンの連動

絵を描いているうちに、この左肩の動きだって思った。

ペンを持っている右手と左肩が連動するようになる。

その理論を感じ取ったのだ。

優しいタッチで描きたいときは、左肩を上げる。

力強く描きたいときは、左肩を下げる。


はじめは、そのひらめきと逆にしてやっていのだけれども、そうすると、右手に力が入りすぎてしまって自由が奪われてしまう。


だから、右手と左肩の動きを同じにしてみた。

下に向かって力を働かせるときは、左肩も下に、上に向かって力を働かせたいときは、右肩も上に。

そうすると、右の肩がスムーズに動く。

出来上がった絵を見たら、線が丁寧になってびっくりした。


よしっ、肩での描き方をものにしていくぞ。
[PR]
by postmanda | 2008-06-12 10:30


<< 雨の日って エネルギー補給に >>