全身使って叩く

全身を使って叩くと、ドラムは気持ちがいい。

全身を使って叩くからドラムは気持ちがいい。

今日、改めてそう思った。

それと全身を使っているつもりでも、全身を使えていないことを改めて自覚した。

体が硬いし、考えも足りていない。

体をもっと動くようにして気持ちいいをもっと味わえるようになる。

うだうだどうでもいいことは考えずに、どうやったら叩けるようになるかを考える。


今日のポイント

肋骨で肩を突き上げる。肩を顔のエラにあてる。そのとき、真正面になるくらいの位置まで肩は上がっている。次に肘を上げる。腕をそのまま下ろす。腕が肘に当たる。

肘は開かない。
肩は前に開く。
[PR]
by postmanda | 2008-06-09 16:34


<< 左肩 何のための共同生活か >>