あげる

スティックを「あげる」。

今週、先生から教えてもらったドラムのスティックの使い方だ。

ドラムはスティックで叩くものという意識があったけど、それとは正反対のもの。


だからこそ、極意を教えてもらったうれしさがある。

この理論は、ドラムだけじゃなくて、ピアノにも絵を描くことにもボクシングにも通じる。

この理論を突き詰めていけば、人生いろんなことが楽しくなる。人生の楽しさを知れる。

でも、「あげる」をマスターする練習は、とても難しい。

シンプルな練習だけに、どうしたら上達するのか工夫が問われる。

自分自身との闘いだ。
[PR]
by postmanda | 2008-06-04 22:39


<< 自分自身 絵を描く環境 >>