絵にもリズムを

絵を描いていて思いどおり描けない。
何度も何度も描き直して、でも一向に良くはならずそのうち自分が何を描きたかったのかわからなくさえなってくる。
泥沼の状態だ。
そういうとき、肩が張り体の状態が一気に悪くなっていく。

何度も何度も描き直しているうちに、肩を使って描くのをおざなりにしてしまっているのだと思う。体を使って描くのを忘れてしまう。だから、体の状態が悪くなり、絵も思いどおりの絵が描けない。

絵を描くにもリズムがある。
ずっと描いていればいいわけじゃない。

今日はリズムをうみだしながら描くことを意識してみよう。
[PR]
by postmanda | 2008-05-29 09:40


<< 眠り こちこちになった体 >>